しゃぼん玉をモチーフにした「虹色風鈴」がロマンチック!

夏を感じる方法は、いろいろだ。

花火大会がなくたって、海やプールで泳げなくたって、この音を味わうことでだって、夏を感じることはできるよ。

それは、「風鈴の音」。

日本の夏の風物詩、風鈴は、かつて中国から伝わった青銅製のものが起源とされていて、よくないものを運んでくる強い風から身を守る「邪気除け・魔除け」として飾られていたとの説もあるんだとか。

今では銅や鉄、ガラスや真鍮、陶器などさまざまな素材のものが作られているだけじゃなく、世代を超えて楽しむことができるユニークなデザインのものもたくさん。奏でる音が自然な涼をくれる、とっておきの風鈴をご紹介します。

儚いようで、すごく強い
そんな「しゃぼん玉」

©2020 NEW STANDARD

しゃぼん玉が「儚い」印象を持たれやすいのは、指で触っただけでパッと消えてしまったり、風に煽られて思い通りの道に進めなかったりする姿を見ているからなのかな?

でも、変化することが生きていく上で重要な意味をもつ今は、しゃぼん玉の「軌道をひとつに絞らない」ところも、光の当たり方次第でさまざまな表情を見せてくれるように「自分の色をひとつには決めない」ってところも、じつはなによりの「強さ」なんじゃないかって気もする。

この「虹色風鈴」は、そんな「しゃぼん玉」がモチーフになった風鈴。そのロマンチックな見た目は、ガラスに施された特殊な加工によるものなんだとか。見る角度によっても印象を変えながら、風に揺れると、鉄や真鍮ともまた違う少し落ち着いたガラスならではの音を奏でてくれる。

©2020 NEW STANDARD

千葉県の九十九里町にある工房でこの風鈴を手作りしている職人曰く、ガラスというのは、「生きもの」なんだそうだ。

職人たちは、約1400℃にまで熱され溶け、約600℃で冷え固まるその間の、ガラスが最高に美しくなる一瞬を逃さずに捉えてカタチにする。そうしてガラスの特性を最大限に引き出し、独特の輝きと流れるようなフォルムを創出するため、日々ガラスと向き合い、ガラスの声に耳を傾けているけれど、それでも職人たちが完全にガラスをコントロールすることはできない。まさにそれを「生きているようだ」と表現しているんだって。

やっぱりこの風鈴、儚くはないかもしれない。

そもそもモチーフになったしゃぼん玉に「儚さ」以外のものを見出してしまっていたこともあって、なおさらこのシンプルを極めたようなデザインの中に、意志とか芯とかそんなものがあるように感じてしまう。

まぁ、あくまで個人的な感想です。

虹色風鈴は、Sサイズ・税込5,500円、Mサイズ・税込6,600円。Sghr(スガハラ)のオンラインショップなどで購入できます。

【ちょっと聴いてみる👇】

Top image: © 2020 NEW STANDARD

ニュースレターに登録した人の中から
抽選で風鈴プレゼント!

※キャンペーンの締め切りは
2020年8月31日(月)23:59です

関連する記事

秋を知らせる鈴虫の声にも似ているとして、昔はその音を聞きながら暑い夏を乗り切ったとも言われている「風鈴」。中でも、音色もインテリアとしての見た目も楽しめる...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第三弾は、「金鳥」と「中川政七商店」がコラボし、江戸風鈴の老舗「篠原風鈴本舗」が手がけた「金...
「ヴィレッジヴァンガード」のオンラインサイトで現在予約販売中の「虹色ラムネ」。天然色素で色付けした6色のラムネが幻想的。
デザインにもこだわったイチオシの風鈴を、音動画も合わせて紹介。第七弾は、愛すべき定番、江戸風鈴。老舗・篠原風鈴本舗の手がけるちょっと変わったひょうたん型の...
ライフスタイルマガジン「Hanako」が、バナナ「こだわリッチ」とコラボ。パッケージにてバナナに込められた生産者の想いを可視化するほか、シールをめくってQ...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第六弾は、山形・鋳心ノ工房発、「鉄」の置き型風鈴。950年以上の歴史を持つ伝統工芸でありなが...
ストレスフルな日々を送るあなたへ。この「Rainbomb」というバスボムは、湯船で溶け、中から虹があふれ出し、瞬く間にカラフルなお風呂に!虹が溶けきったあ...
雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
イングランドの空に変わった虹が出たと言うから、どんな形をしているのだろうと調べてみたら、変わっているのは形じゃなくて色。見ての通り、夕空を背景にした淡い紅...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第一弾は富山・高岡鋳物の真鍮製「雪だるま風鈴」。ガラスのものとも違う、陶器のものとも違う、そ...
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第四弾は、まるでたんぽぽの綿毛のような見た目の「置き型風鈴」。かわいい見た目もさることながら...
ある研究者たちは「表面が虹色に光るチョコ」の開発に成功した。注目すべきは、虹色はコーティングではなく、特殊な「掘り込み」によって実現されている点。詳しくは...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第五弾は、琉球ガラスで沖縄の海をイメージして作られた「海風風鈴」。鳴らしの部分にサンゴを使用...
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
「ニューバランス」とジェイデン・スミスがコラボしたスニーカー「NB for Jaden Smith Vision Racer」の新色が明日8月28日(金)...
8月は「National Romance Awareness Month:国民ロマンチック月間」。ここに紹介するのは、パートナーのためにできる最高にロマン...
これは、2016年8月22日ミズーリ州ニューヘイブンで撮影された写真。当時、雨は降っていなかったということですが、大地を覆う霧の上に“色のないアーチ”がか...
2016年の秋頃からInstagramで密かに話題になっている絶景があるという。それが、ペルーの「レインボーマウンテン」。その名の如く、虹色に彩られた不思...
夏休み最後にオススメのイベント、ファッションデザイナー・コシノジュンコ氏プロデュースによる「浜離宮大江戸文化芸術祭 2019」が、東京・浜離宮恩...
Daisy ChausséeさんのInstagramには旅の思い出が色ごとに分けられている。全体でアカウントを見ればグラデーションになっていてとっても綺麗...
ちょっとしたお散歩も、いつもとひと味違う風景に感じられるはず。
宮本信義准教授が率いる「福岡工業大学」の研究グループが、力を検知して色変化を起こす新素材「無機ナノシート構造色ゲル」を開発したと発表。この素材は、微弱な力...
あなたは虹が真円を描くのを見たことがありますか?イギリス人のアンソニー・キリーンは、ニュージーランドの「ベイ・オブ・アイランズ」で16,000フィート(約...
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
ドイツのデザイン会社「aerosoap」が制作したのは"ソープ・マスク”と名付けられた、フェイスシールドのフレーム。シャボン玉の液体を付けて顔に装着すると...
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。