あのNIKEのロングセラー「コルテッツ」に異変が起きている

「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?

1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人的には、NIKEのスニーカーの中で1番好きなモデルでもある。シンプルで飽きのこないデザインは幅広い層に支持されていて、僕のまわりの40代にも熱烈なファンが多い。

今年、45周年を迎えたそのコルテッツに、異変が起きている。

レインボーカラーのリボン
「ありのままで」を意味する文字

昔から、コルテッツの基本カラーリングは2色だった。しかし、その歴史が塗り変えられようとしている。シュータンの部分に、レインボーカラーのリボンがあしらわれているのだ。

加えて、デュブレには筆記体で「BETRUE(ありのままで)」 の文字が。

一体、これらが意味するものとは?

LGBTアスリートたちへの
「敬意」を表現

じつは、この新たなコルテッツは、NIKEが2012年からLGBTQコミュニティへのサポートとして展開している「BETRUE」シリーズの最新モデルなのだ。「自分の思いを力強く、はっきりと発信しよう」というメッセージは、「多様性」を意味するレインボーカラーと絡まってLGBTアスリートたちへの敬意を表現しているのだそう。

そして、その発売日を6月としているところも心憎い。なぜなら、NIKE本社のあるアメリカで6月といえば、LGBTプライド月間。性的少数者の人々が、性的指向や性自認に誇りを持つべきだとする概念を示す言葉である。

2000年に、元米国大統領であるビル・クリントンによって宣言されて以来、大きなムーブメントとして国際的に拡がりつつある。

LGBTQコミュニティに
約2.8億円を支援

あまり知られてはいないが、NIKE社は、2012年以来、LGBTQコミュニティに約250万ドル(約2.8億円)の資金支援をしている。また、同社内には、LGBTネットワーク部署も存在しているというから、その本気度はかなりのもの。

LGBTネットワークリーダーのロバート・ゴーマン氏は、プレスリリースを通じて以下の宣言をしている。

「私たちに重要なのは、LGBTアスリートたちを応援しているとひと目で分かるものを作ることでした。(中略)今後も、BETRUEの製品には、常にこの意味を表現するレインボーカラーを使っていきます」

この発言が、どれだけLGBTQの人々へ勇気を与えるかは、想像に難くないはずだ。フラッグシップのNIKEコルテッツのみならず、「BETRUEコレクション2017」に選ばれたのは合計4モデル。ファッション性だけに終わらないレインボーカラーに込められたメッセージを、いま一度考えてみてほしい。

Licensed material used with permission by NIKE
Nikeがアフリカ系の人々に敬意を表する「Black History Month」に合わせて、2019年のコレクションを発表しました。
LGBTQプライド月間(Pride Month)に合わせて、アパレルブランドをはじめ多くの企業が、象徴となるレインボーを製品に取り込むことで、サポートを表...
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
「NIKE」が提供するシューズカスタマイズサービス「NIKE BY YOU」のラインナップに、速さにこだわったデザインと素材を使用する「ナイキズームシリー...
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
8月12日、NIKEがアメリカ国内で「Nike Adventure Club」という2歳から10歳向けのキッズ用シューズを家に届けてくれるサブスクリプショ...
8月12日、「NIKE」は契約中の女性アスリートが妊娠した場合に、18ヵ月間は成績ベースの支払いの減額をしないと発表した。事実上、産前・産後の休業を認めた...
さまざまなアーティストがカスタムしたスニーカーを購入できるプラットフォーム「The Custom Movement」。希少性の高いNIKEやVANSが勢揃い!
世界中でプラスサイズモデルが活躍し、多くのアパレルブランドがどんな人にも似合う洋服をつくっているなかで、NIKEがやってくれました。
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
タイヤが真っ白……。汚れないのかな?とすぐに気にしてしまう、それは野暮ってもんです。
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
エアマックス、エアジョーダン、エアフォース。もう「AIR(エア)」と聞けばNIKE。世界中でそんなイメージが染み付いています。その「AIR」の製造プロセス...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
「Mandem Safe」はAdidasとNikeの箱に収まるようにデザインされた金庫です。
これまで、イスラム系の女性たちがスポーツをしている姿は、あまり公にされてこなかった。保守的なイスラム圏では、女性は手や顔を隠さなければならない。社会的にも...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...