お見合い体験「すごろく」が訴える、南アジアに暮らす女性の結婚事情

南アジアでは、現在でも「お見合い結婚」が一般的だそうです。それも、日本のように自らお見合い相手を選ぶようなことはできず、家族が選んだ相手とお見合いをし、結婚をするように強要されるケースも。

 

Sean Wang

経済的支援と、社会的地位を確立するため結婚を選ぶ女性は多く、つねに完璧な花嫁であることも同時に求められるのだとか。十分な教育を受けれられない彼の地の女性たちは、美容に気をつかい、自分自身を提示する以外に方法がないのかもしれません。

こうした結婚のあり方に疑問を投げかけるプロジェクトとして生まれたのが、「Arranged」という名のゲーム。いわば、すごろくです。遊びながら女性問題を実感させるボードゲームとは、どんなものなのでしょう。

誰が一番早く「結婚」できる?

6c4da19d4dc1b08b856fe54be12bf14f90ea071b984300e42b823ff50ea56bbf97ed8dac6fe997a6

「Arranged」には、3種類のコマがあります。ひとつは、結婚を目指す女性。プレイヤーは彼女たちを操作します。マップの上を進むことによって体重が増えたり、仕事に就いたり、お見合い相手ではない男の子とデートをしたりしますが、これらすべて南アジアでは恥ずべきものと見なされます

もうひとつは「Rishta Aunty」という結婚の仲介役で、彼女の役割はすべての女性を結婚させることです。彼女の近くに行くと、料理や子供を抱くコツなどの花嫁修業を受けることができます。

そして、ゴールとも言える最後のコマが「Golden Boy」です。彼は見目麗しく優秀な人物で、企業のCEOを務めています。それぞれの女性は自分が今まで積んできたキャリアなど、持ちうる限りの魅力をアピールしたり、祈りを捧げたりして、誰がこのGolden Boyと結婚するか競い合います。

Golden Boyと結婚できるのは1人だけですが、残りの女性は家族が選んだ相手と結婚することに。

5eda534d8d1a85fca1b1be2afecdfd0ee6c52e939d9e4df63a9721c8acf6b582f42e9995bc21057d

セットの中には、先ほど説明したルールで遊ぶことができるようにそれぞれのコマが取ることになる行動を書いたカードや、デッキなどが入っています(プレイ推奨人数は3~4人)。

690f3cd339eb1a30d4530a4bf939eb2ba72d59bc

このゲームの発案者は、パキスタン出身の女性Nashra Balagamwalaさん。制作の意図を彼女は以下のようにコメント。

わたしはこのゲームを、望まない相手との結婚を余儀なくされる南アジアの女性たちのために作りました。

ゲームで世界を変えることはできないかもしれません。それでもゲームを通して社会が直面している問題を理解し、それを解決するために人々が立ち上がるきっかけを作ることはできると信じています。

このボードゲームはその一方で、南アジアの女性自身が教育を受けキャリアを積んで、自分の愛する人と結婚することを恐れない方法のヒントになるとも考えています。

93ace66ff3c835a43581402cdc862be7d0f6f7984aaaca6b4ff3099abfbd49f03ea0759e8ae2093d

現在「Kickstarter」で資金募集中。30ドル(約3300円)で購入できるこのゲーム、目標額9千ドル(約100万円)に到達した場合、資金の一部はパキスタンの子供たちの教育のために寄付されるそう。

他国の結婚事情や、そこにある問題を知る機会は日本に住んでいるとなかなかありません。誰もが自分の生きたいように生き、好きな人と結婚できるように。そんな願いを込められたこのすごろく、世界の結婚事情を知り、自分自身の結婚観を見直すきっかけになるかも。

Photo by Lucas Vasilko
Licensed material used with permission by Nashra Balagamwala
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
パレスチナの紛争を撮影するために、フォトジャーナリストのMonique Jaquesがガザ地区を訪れたのは2012年のこと。当初、激しい争いによる傷跡を捉...
よりよい暮らしのためには、教育が不可欠。けれど様々な理由で、その機会が与えられていない人もたくさんいます。そのひとつが、電源がないこと。そこでドイツの企業...
31歳にしてヴァージンを失いました。いい年して今さら…。だってなんだか怖くって…。結婚するまでしちゃいけないって思ってたし。イタイって聞いてたし。 でも一...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
近年の日本は、晩婚化が進んでいるといわれています。女性の社会進出はもちろん、結婚するよりも独身の方が、生活がラクに感じる。という人も多いはず。それでも、や...
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
価値観が変わりつつあるとはいえ、ルワンダには、いまだに男性は仕事、女性は家事をするものという考え方が残っているらしい。この慣習があるがゆえ、女性が教育を満...
昔、ウガンダの一部の地域では、女性が結婚前に妊娠することを恥だと捉えられていた。理由は妊娠経験がある女性を男性が花嫁に迎えることがほとんどなかったから。島...
賢い女性は、結婚できない?1980年以降に生まれたジェネレーションY世代に向けられたアメリカのニュースメディアELITE DAILYで、物議を醸している話...
フォトグラファーのNoroc Mihaelaさんは、世界中の女性のポートレート写真を撮り続けている。黒やこげ茶色をした艶のある髪の毛やまっすぐな瞳をアイデ...
「早く結婚したい」と思っているけど、なかなか良い男性に振り向いてもらえない…という女性のみなさん。男性陣の赤裸々な告白が良いヒントになるかもしれません。「...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
このCMは「国際女性デー」に際して、バングラデシュを拠点とする広告会社が制作したものです。美容院での一コマを切り取ったこの動画は、女性の権利について訴える...
女優業のかたわら、米アイビーリーグの名門校ブラウン大学を2014年5月に卒業したイギリス人女優エマ・ワトソン。彼女が英オックスフォード大学のカレッジのひと...
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...