LGBTQが「世代の垣根」を超えることの大切さ。

LGBTQのニュースを見ない日はない、というくらい、ここ数年で一気にその認識や理解が深まってきているような印象を受ける。でも、そこに登場する人は若者が多く「高齢のLGBTQ」については、忘れられがちなように思う。

この言葉自体が90年代から使われ始めた、という理由もあるかもしれないけど、当然LGBTQの人たちは昔からいるし、時代や地域によっては、現代よりも強い差別や偏見に苦労したのではないだろうか。

そんな中、写真家のLevi Jackman Fosterはそれぞれの世代のコネクションをもっと強めることはできないかと、お互いに交流できる場をつくった。そこには、理解を得るためには世代の垣根を超えて一緒に戦うほうがいい、という「想い」があった。

アクティビスト
×
ジャーナリスト

Ff19222c7445ebdfd902c4b17331a5d32b0d8da6

右側に写るEdie Windsorさんは、「結婚防衛法の一部は違憲である」とアメリカ最高裁判所に認めさせ、同性結婚の合法化へのきっかけを作った人物

その隣のRaymond Braunさんはメディアでも話題になっているジャーナリストで、オバマ前大統領とLGBTQについて意見を交換したそうだ 

この2人は「高齢者で、かつマイノリティでもある人たちの生活をどうやって助けていくか」ということについて意見を深めたという。

トランスジェンダー
×
ノンバイナリー

9a6c59bdb20a913d5e2cdff8f750549d09a2a4d7

赤いドレスを着るBamby Salcedoさんは、ラテン系トランスジェンダーの権利を向上させようと戦うアクティビスト

隣に座るのはJacob Tobiaさん、ミレニアム世代で男性・女性の性別にとらわれないノンバイナリーを代表する人物

2人はLGBTQの未来について語り合い、それらの人がいかに理解しあい、協力するかということについてアイデアを出し合ったようだ。

作家
×
カップル

7efe6980e0fdafb266250a8c9ecc36f268bad069

写真の真ん中に写るのは、ノンフィクション作家のEric Marcusさん。彼の著書『Making Gay History』は、アメリカにおけるLGBTQへの理解の大切さを書いたもの。

その両脇に座るのは、先日婚約したばかりだというカップル、Leighton BrownさんとMatthew Riemerさん。

彼らが話し合ったのは、お互いのつらい過去や、マイノリティに対する教育の重要性について。

撮影をしたLevi Jackman FosterさんのInstagramには、ここでは紹介できなかった人たちの写真やエピソードも載せられている。

ちなみに彼は、世代間の絆を強めるだけではなく、LGBTQの高齢者たちを繋げるためSAGE(Services & Advocacy for GLBT Elders)という団体の活動も支援している。

Licensed material used with permission by Levi Jackman Foster
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
LGBTQプライド月間(Pride Month)に合わせて、アパレルブランドをはじめ多くの企業が、象徴となるレインボーを製品に取り込むことで、サポートを表...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
先日、歌手サム・スミス(Sam Smith)は、自分のジェンダーを「男でもあり、女でもある」と表現しました。しかし、周りと異なるがゆえに、彼は多くイジメを...
愛しあう人とキスをすることが、許されない人たちがいます。そんな彼らがあえて、”禁じられたキス”で必死に訴えようとしたこと…それは、同性愛者をはじめとする、...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
 9月15日は敬老の日。でも昔といまでは、かなり「老」という言葉のイメージが変わってきている。昔の「老」は、こうだった。年を重ねて落ち着き、若いころの夢は...
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
65歳以上の高齢者の人口が全国民の20%を超え、「高齢社会」となっている現在の日本。年金や介護など、誰もが考えなくてはならない問題が山積みですが、そんな今...
新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと住...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
アメリカの心理学の調査によると、現在の10代のZ世代たちはスマートフォンの世代。スマートフォンが原因で家族や友達、または恋愛に対しても消極的になり、画面と...
「寝たきり」という言葉は、日本の高齢化が進むにつれて、どこかタブーのような扱いになってきました。たとえば「大変そう」「介護がきつそう」といったネガティブな...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...