初めて生理が来たあの日、僕はすべてを失った。

お腹と腰に重くのしかかってくるような痛みと、全てにおいてイライラしてしまうあの感覚。魔の1週間は女だけの戦いだと、疑いもせず思っていました。けれど、「当たり前」だと思うことで、誰かを傷つけていたのかもしれません。

「体が女らしくなるほど、
死んでいくみたいだった」

トランスジェンダーである僕の人生は、赤い線で国境を区切るように、生理によって線を引かれました。初めて生理が来たあの日に、全てを失った。

15歳まで、外へ出て走り回って、木に登って、穴を掘って、何も気にせずに幸せに生きていたのに、そんな人生の最後が来たという知らせ。

神様ありがとう。僕は正常な体を持っている。けれどそれは、自由を失うことでもあった。

変わっていく体を見て、みんなが「それはおめでたいことよ。あなたも私たちと同じように女になるの!」って祝い続けていたけれど、僕自身は、死んでいっているように感じていた。

足と足の間に広がっていく、赤い血の染みは、体が僕の心を裏切った証。

心は男性なのに、体はまだ女性であることを強いる。胸の成長が最初の裏切りだった。

この出血は、心と体の戦争が、僕の中で行われているから。どれだけ嫌悪しても、逃れられない。

心は男性、体は女性であるCass Clemmerさんは、世間の「生理=女」という考えによって、辛い思いを味わってきました。

どうして、ナプキンのパッケージがピンクである必要があるのでしょうか?女性用衛生品ではなく、「月経用品」。女性や女子ではなく、「月齢のある人」や「月経人」と表記するなど、身近なものから少しずつ変えていきたいという思いが、この投稿に込められているそう。

また、トランスジェンダーの仲間たちと一緒に、タンポンを主人公にした『Toni the Tampon』という絵本を出版しています。子どもや、同じように性の悩みを抱えている人に向けて、生理への不安を取り除くことと、周りへの理解を求めてつくられたストーリーです。

Licensed material used with permission by Toni the Tampon, (Instagram)
経済的に生理用品が買えない「生理の貧困」問題に対する世界各国の取り組みをまとめて紹介。スコットランドでは世界で初めて誰でも無償で生理用品が購入できる法案が...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
女性のためのケア用品を開発、販売する米メーカー「LOLA」の「エッセンシャルオイルブレンド」は生理痛を和らげる効果が期待できるとか。
「生理」を取り巻く価値観をアップデートする——「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
女性が人生のなかで「生理期間」として過ごす平均的な日数。2,400日は、実に6年半もの時間に相当する。そんなに長いのならば、この期間をもっと大切にするべき...
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。
第3の生理用品と注目の「月経カップ(生理カップ)」のメリット・デメリット、正しい使い方、スムーズな入れ方、メンテナンス方法まで気になる疑問を専門家に徹底取材。
暑くても、ウイルスや感染症の予防にマスクが欠かせない今、さわやかな着け心地と蒸れや不快感を感じない冷感マスクが登場。洗濯も可能で何度も使用できる。
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
ああ…今月もアイツが来た。ほんとうに嫌いだ、特に冬のアイツは。寒くてただでさえお腹が痛くなりやすいし、今の時期インフルエンザだって流行している。風邪もひき...
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
女性にとって「生理」は、切っても切れないものです。時に体調が左右されたり、時に理解を得られずに苦しんだり。ドラマ 『SUITS』などで女優として活躍する一...
韓国・ソウルの市議会の行政自治委員会は、ソウルに住む10代のすべての少女に生理用ナプキンを無償で支給することを盛り込んだ条例を可決した。