私たちは、血を流している。それを知ってほしい。

小学校のころ。読書の時間にクラスの女の子だけが保健室に呼び出されて、こんなことを言われた。

生理であることは、知られてはいけません。どれだけお腹が痛くても、頭痛や吐き気がしても、普通の顔をしていなければなりません。痛み止めの薬を飲んでも効かない場合は、我慢するしかありません。

今思えば、どうしてわざわざ女の子だけに、秘密のように伝えたのだろう。毎月おこる自然な現象なのに、なぜこれほどまでに忌むものとして教えられなければならないのだろう。

日本には「生理の時、働くのが著しく困難な女性を無理に就業させてはいけない」という労働基準法内の条文がある。

それなのに、これじゃまるで生理が「おかしいこと」や「恥ずかしいもの」みたいじゃないか。

「わたしたちは、血を見せます」

そんな「タブー視」される生理の現状に物申したのが生理品会社の「Bodyform」。

彼らは「#BLOODNORMAL」のハッシュタグで、生理用品のCMで一般的に使われている青い液体をよりリアルにするべく、イギリスで初めて赤い液体に変更。生理を描く絵文字もいくつか作成した。

生理は全くもって普通のことです。生理について話したり、描写することも普通のことであるべきなのです。

だから私たちは実生活のリアルを示します。私たちは、血を見せます。生理の「タブー視」を破る唯一の方法は、目に見えなくされているものを見えるように、暗闇の中から世界へと描きだすことです。

「見えない」現実を
もっとリアルに

彼らによれば、イギリスの女子学生の約52%が「生理について両親と話すくらいなら、学校でいじめられるほうがまし」と答え、43%が生理は口にしてはいけないことだと考えており、さらに87%が、生理中であることを隠したがる傾向にあるという。

しかし一方で、10,017人の男女へのオンライン調査の結果、74%が「広告上への生理の描写をもっとリアルにしてほしい」と答えたそう。

Design by Dessù,photograph by Élodie Daguin

生理は子どもを産むための、大切な体の整備。それなのに、ときには立ち上がれないほどの腹痛、吐き気、倦怠感、関節痛、貧血、などなどに苛まれながらも「なんでもありません」「大丈夫です」と繰り返さなければならないなんて、まるで呪いじゃないだろうか。

「知らない」という現象は「見えない」という現状から来るのだと、このキャンペーンは警鐘を鳴らしている。

Licensed material used with permission by AMV BBDO
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
体は男性、心は女性であるClemmerさんは、世間の「生理は女性のものだ」という考えによって、辛い思いを味わってきました。身近なところから少しずつ変えてい...
第45代アメリカ合衆国大統領、ドナルド・トランプ。数々の女性蔑視の発言は多くの議論を呼んできた。大統領就任式の翌日「ワシントン・ウィメンズ・マーチ」で歌手...
5人の女性が登場し、見知らぬ誰かがうけた性暴力の体験談を語る動画。目的は、誰かの辛い過去について触れるだけではなく、被害者は男性の場合もあり、身近に存在す...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
女性が人生のなかで「生理期間」として過ごす平均的な日数。2,400日は、実に6年半もの時間に相当する。そんなに長いのならば、この期間をもっと大切にするべき...
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
女性にとって「生理」は、切っても切れないものです。時に体調が左右されたり、時に理解を得られずに苦しんだり。ドラマ 『SUITS』などで女優として活躍する一...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家 「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
前回に引き続き、生理に関する記事を紹介。生理周期に影響する8つのことが書かれている。8つの中には、かなり意外に思うものもある。研究結果などを引用しながらわ...
「小林製薬」の調査によると、女性の約65%が生理痛・下腹部痛に悩んでいるのだとか。イライラや眠気などが一緒に起きる人もいて、生理中は気分が暗くなる女性も多...
ああ…今月もアイツが来た。ほんとうに嫌いだ、特に冬のアイツは。寒くてただでさえお腹が痛くなりやすいし、今の時期インフルエンザだって流行している。風邪もひき...
相手の気持ちが見えなくなって、「男心がわからない」と思ったことはありませんか? そんな女性に贈りたいのが、「男心がわからない」と思った女性に知ってほしい8...
男女の違いがあるとよく言いますが、果たして私たちはその男女の性別の違いをどこまで理解できているのでしょうか。男女の違いや平均値などをざっくりとまとめた動画...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。