これほど生理をパワフルに描いた動画があっただろうか?

第45代アメリカ合衆国大統領、ドナルド・トランプ。

数々の女性蔑視の発言は多くの議論を呼んできた。大統領就任式の翌日「ワシントン・ウィメンズ・マーチ」で歌手のマドンナをはじめとして数十万人の女性たちが行進したことは記憶に新しい。

今回、トランプ大統領へ異議を唱えたのは、映画監督のケイト・ホプキンスと女優のエミリー・クローン。彼女たちは『A National Period(全国的な生理)』という衝撃的な動画をつくりだした。

ショッキングな描写ではあるがその意味するところは、深い。

事のはじまりはトランプの暴言

動画制作のきっかけは、昨年8月の暴言にさかのぼる。月経の周期に対しての討論において、トランプはメギン・ケリー女性記者から鋭く詰め寄られた。

その際「彼女(ケリー記者)は、目から血が流れているじゃないか。身体のどこからでも血を流すのだろう」と問題発言。トランプの女性蔑視なスタンスに憤りを感じたケイトとエミリーは、手弁当でプロジェクトをスタートしたそうだ。

女性から女性へと
リレーしていく「血」

全篇3分ほどの動画に登場するのは、生理を迎えて辛そうな表情の女性たち。大統領就任式でのトランプの雄弁が、背後に重なる。すると、スピーチにリンクするように、血まみれの手や血に染まっていくスカートやハイヒールが描写される。

その様子は、女性から女性へと血がリレーされているような印象だ…。

すべての女性たちに
「結束」と「行動」を喚起させたい

「流れる血」は、誰か女性が血を流せば、皆が血を流すという女性の「結束」を表現しているとのこと。また、ケイトとエミリーは、この動画を通して、女性たちが今まで以上につながり、迫害されたり孤立している女性も含めて、すべての女性が1つになるために立ち上がる「行動」を換気させたい、そんな狙いもあるようだ。

『A National Period』は、本国アメリカでは、美しくてパワフルな動画と支持を得ている。この動画を観て、あなたはどう感じるだろうか?

Licensed material used with permission by Emily Kron, Kate Hopkins
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
「Thinx」というブランドを知っている日本人は少ないだろう。けれど「ナプキン不要の下着」や「セックス用ブランケット」という彼らの製品を耳目にしたことはあ...
「生理」を取り巻く価値観をアップデートする——「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。
前回に引き続き、生理に関する記事を紹介。生理周期に影響する8つのことが書かれている。8つの中には、かなり意外に思うものもある。研究結果などを引用しながらわ...
体は男性、心は女性であるClemmerさんは、世間の「生理は女性のものだ」という考えによって、辛い思いを味わってきました。身近なところから少しずつ変えてい...
Bodyform社は、一般的な生理用品のCMで使われる青い液体の代わりに、よりリアルな赤い液体を使用した。これは彼らのキャンペーン「#BLOODNORMA...
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
ああ…今月もアイツが来た。ほんとうに嫌いだ、特に冬のアイツは。寒くてただでさえお腹が痛くなりやすいし、今の時期インフルエンザだって流行している。風邪もひき...
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...
「小林製薬」の調査によると、女性の約65%が生理痛・下腹部痛に悩んでいるのだとか。イライラや眠気などが一緒に起きる人もいて、生理中は気分が暗くなる女性も多...
NY生まれの「Thinx」が開発した新製品は、生理中の人が使うセックス用ブランケットです。