女性はマストハブ!?「あの痛み」が消えるデバイスとは…

小林製薬」の調査によると、女性の約65%が生理痛・下腹部痛に悩んでいるのだとか。イライラや眠気などが一緒に起きる人もいて、生理中は気分が暗くなる女性も多いみたいです。

生理痛がなくなるかも!

ここに紹介する「Livia」は、ナント生理痛を和らげるために開発されたデバイス。痛みを感じる下腹部にジェルステッカーを貼り、スイッチを入れれば…。おなかの痛みにサヨナラ…できちゃうという画期的なプロダクト。

どんな仕組みなの?

痛みが脳へ伝わるのを抑制し、痛みとして認識させない「ゲートコントロールセオリー」という鎮痛メカニズムを基に作られているこの商品。

 

本体から出る電気信号が神経を忙しくさせ、神経伝達のゲートをクローズさせるとか。その結果、脳が「おなかが痛い」と感じなくなるのだそう。ちなみに信号の強さは「やさしいバイブレーション」程度。ジェルステッカーも本体も薄く小さいので、身につけていてもかさばる心配はなさそう。

痛み止めがいらなくなるかも

付けているだけで痛みが消えると言われています。およそ91%の女性に症状がある(テルモ調べ)という、PMS(月経前症候群)にも。

薬なしであの痛みや憂鬱さがなくなるのは、女性としてはとてもうれしいポイント。

しかもかわいい!

カラーバリエーションが11色あるなど、女子が喜ぶツボを押さえているところが「やるな!」なんです。

うれしい機能とキュートな外見から、Facebookページには「背中側につけてもいいのかしら」「病院でのトライアル結果を見たい」「生理痛以外の痛みにも効くの?」など、多くの質問が世界各国から寄せられており、注目度の高さがうかがえます。

現在Indiegogoで出資を募っていますが、目標額を軽く達成!4月中旬現在、約90,000ドル(約1,000万円)の資金調達に成功。75ドル(約8,000円)のお得なプランはすでに売り切れで、85ドル(約9,000円)でキットとカードが付いてくるプランから購入可能。

毎月やってくる生理、そして伴う痛み、不快感。解消されたらこんな顔で過ごせそう!PMSの症状をオーバーに表現した動画もユニークなので、気になった方は以下の動画をチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Livia
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...
体は男性、心は女性であるClemmerさんは、世間の「生理は女性のものだ」という考えによって、辛い思いを味わってきました。身近なところから少しずつ変えてい...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
嘘みたいな本当のハナシ。“恋人”って、すごい存在だなぁと思ってしまいました。
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
深刻な腰の痛みは一部の脊推骨が歪んでいるか、神経が傷ついている可能性もあるといいます。気になる痛みがあれば、放っておかずに原因を突き止めておきたいところ。...
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
Bodyform社は、一般的な生理用品のCMで使われる青い液体の代わりに、よりリアルな赤い液体を使用した。これは彼らのキャンペーン「#BLOODNORMA...
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
ああ…今月もアイツが来た。ほんとうに嫌いだ、特に冬のアイツは。寒くてただでさえお腹が痛くなりやすいし、今の時期インフルエンザだって流行している。風邪もひき...
前回に引き続き、生理に関する記事を紹介。生理周期に影響する8つのことが書かれている。8つの中には、かなり意外に思うものもある。研究結果などを引用しながらわ...
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家 「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる...
女性が人生のなかで「生理期間」として過ごす平均的な日数。2,400日は、実に6年半もの時間に相当する。そんなに長いのならば、この期間をもっと大切にするべき...