ティーンエイジャーが「生理の貧困」でイギリス政府を動かす

英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だとのこと。

政府を動かしたと言っても過言ではないほど尽力したのは、同国に暮らすAmika Georgeさん。生理用品を買う余裕のない貧困「Period Poverty(生理の貧困)」をなくそうと、たくさんの人にメッセージを発信していました。

彼女の想いは人を動かし、約2000人がデモに参加し、約27万人が嘆願書にサイン。そして、イギリス政府をも動かすムーブメントになりました。

Top image: © iStock.com/Chatiyanon
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

経済的に生理用品が買えない「生理の貧困」問題に対する世界各国の取り組みをまとめて紹介。スコットランドでは世界で初めて誰でも無償で生理用品が購入できる法案が...
現場から長時間離れることが職業上できない女性が抱える生理の問題。そんな悩みを解決する生理用品ポケット「Carrie」が素晴らしい。
スコットランドの地方自治体で、生理用品の無償提供を義務付ける法案が、11月24日、議会にて満場一致で可決された。今ここに「生理用品が無料で手に入る最初の政...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...