ティーンエイジャーが「生理の貧困」でイギリス政府を動かす

英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だとのこと。

政府を動かしたと言っても過言ではないほど尽力したのは、同国に暮らすAmika Georgeさん。生理用品を買う余裕のない貧困「Period Poverty(生理の貧困)」をなくそうと、たくさんの人にメッセージを発信していました。

彼女の想いは人を動かし、約2000人がデモに参加し、約27万人が嘆願書にサイン。そして、イギリス政府をも動かすムーブメントになりました。

Top image: © iStock.com/Chatiyanon
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事