節税になる「タンポンブック」

ドイツの消費税は19%。ただし、食品など生活必需品に限っては軽減税率7%となっています。ところが、なぜか生理用品は19%のまま。女性にとっては必需品なのに……これって、おかしくない?

……ということで、生理用品を販売するThe Female Companyは、法の抜け穴を利用して、“本”を発売しました。生理にまつわる話が46ページにわたって掲載された「The Tampon Book」は、紛れもなく本ではありますが、付録としてタンポンが15個ついています。

タンポンだけで販売すると税率19%ですが、本にすることで税率が7%が済むというわけです。

近年、生理用品への課税が世界的に問題となっていますが、それに対する皮肉にもなっているんですね。

Top image: © The Female Company
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アメリカのスタートアップ企業「my.Flow」が開発した「スマートタンポン」。タンポンは、Bluetooth内蔵のウェアラブル端末とつながっており、スマホ...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
現場から長時間離れることが職業上できない女性が抱える生理の問題。そんな悩みを解決する生理用品ポケット「Carrie」が素晴らしい。
女性のためのケア用品を開発、販売する米メーカー「LOLA」の「エッセンシャルオイルブレンド」は生理痛を和らげる効果が期待できるとか。
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
月経カップや生理用ショーツに限らず、もっとユニークなアイテムを見つけました。
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
オランダのデザイナーNetha Goldberg氏による「Netina Shoes」プロジェクトは、「与えることで生まれるコミュニケーション」の促進を目指...
第3の生理用品と注目の「月経カップ(生理カップ)」のメリット・デメリット、正しい使い方、スムーズな入れ方、メンテナンス方法まで気になる疑問を専門家に徹底取材。
AIライティングレコーダー「VOITER」は、最大集音距離10mの2つのマイクと、360度から集音できる6つのマイクを搭載し正確な録音を実現。またネットワ...
“女性”と“社会”と“環境”のことを考えた新ブランド「OLTER natural(オルタ)」より、吸水型サニタリーショーツ「LUNA TURA SHORT...
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
親子で“はじめての生理”の準備ができる「はじめての生理ボックス」が、ショーツメーカー「チーカス」よりデビュー。4月23日まで、クラウドファンディングサイト...
寒い季節は、身体が冷える影響で「生理痛」が重くなってしまう人が増加。そこで「生理痛軽減」に関するアイテムや工夫をいろいろ集めてみました。
スコットランドの地方自治体で、生理用品の無償提供を義務付ける法案が、11月24日、議会にて満場一致で可決された。今ここに「生理用品が無料で手に入る最初の政...
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
12月下旬、「コクミンドラッグOsakaMetro心斎橋駅店」にて生理用品「月経カップ」の取り扱いがスタート。日本国内のドラッグストアでは「初」の試み。
生理の夢の意味とは?夢占いの専門家がシチュエーション、人物、場所別に「生理の夢」を解説します。
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
経済的に生理用品が買えない「生理の貧困」問題に対する世界各国の取り組みをまとめて紹介。スコットランドでは世界で初めて誰でも無償で生理用品が購入できる法案が...
体は男性、心は女性であるClemmerさんは、世間の「生理は女性のものだ」という考えによって、辛い思いを味わってきました。身近なところから少しずつ変えてい...
「生理」を取り巻く価値観をアップデートする——「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
ペット先進国として知られるドイツ。そんなドイツで「飼い主は1日2回以上、犬を散歩させること」を義務付ける、驚きの法案が提出された。
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...
生理用品を軽減税率制度の対象にすることを目的とした署名活動が、オンライン署名サイト「Change.org」で実施中。
生理周期に合わせて使えるフェイシャルマスクが、フェムテック専門オンラインショップ「fermata」にて販売中。LA発のナチュラル生理ケアブランド「Rael...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...