ナプキン&タンポンいらず!新しい「生理用ショーツ」がデビュー

パーティードレスを手がけるアパレルブランド「Dorry Doll(ドリードール)」が、“女性”“社会”“環境”のことを考えた「OLTER natural(オルタ)」を設立。

昨年末より、応援購入サイト「Makuake」にて、吸水型サニタリーショーツ「LUNA TURA SHORTS」の販売をスタートした。

©アサクラ

経血漏れ、急にはじまってアタフタ、なかなかできないナプキンの交換、気になるニオイ、月経カップは扱いづらい……など、生理にまつわるモヤモヤは多くの女性が経験するもの。

そんな気分が落ち込んでしまいがちな期間を、いつも通り、あるいはいつもよりも快適に過ごさせてくれるのが今回のアイテムだ。

クロッチ部分の生地を5層構造にすることで、高い吸収力を実現。その量は20〜30ml、つまりはナプキンとタンポン3枚分に相当し、普通の日はこれ1枚で過ごせるほど。

シームレスの素材を使っているため、アクティブに動き回っても漏れない。また、肌当たりがよく、ショーツラインが出にくい仕様に。速乾性抗菌防臭性にも優れておりムレやニオイが気にならず、手入れ方法も浸け置きして洗濯機で洗うだけというシンプルさだ。

カラーは、シルキーブラックサンドピンクキャシーズブルーの3種類。サイズはSS〜LLの5種類があり、幅広い体型に対応してくれる。

好評につき、2月の発送分は完売に。

次回の発送は5月になってしまうそうだが、早割価格で手に入れられるこの機会にぜひチェックしてみて。

Makuakeでの販売は今月29日(金)まで!

『OLTER natural (オルタ)ルナチュラショーツ』

【Makuakeプロジェクトページ】https://www.makuake.com/project/lunatura-shorts/

Top image: © アサクラ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
アメリカのスタートアップ企業「my.Flow」が開発した「スマートタンポン」。タンポンは、Bluetooth内蔵のウェアラブル端末とつながっており、スマホ...
月経カップや生理用ショーツに限らず、もっとユニークなアイテムを見つけました。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
女性のためのケア用品を開発、販売する米メーカー「LOLA」の「エッセンシャルオイルブレンド」は生理痛を和らげる効果が期待できるとか。
第3の生理用品と注目の「月経カップ(生理カップ)」のメリット・デメリット、正しい使い方、スムーズな入れ方、メンテナンス方法まで気になる疑問を専門家に徹底取材。
タイプ別のオススメ「吸水型ショーツ」をご紹介。素材、機能、デザイン……あなたは何で選ぶ?
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
経済的に生理用品が買えない「生理の貧困」問題に対する世界各国の取り組みをまとめて紹介。スコットランドでは世界で初めて誰でも無償で生理用品が購入できる法案が...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
韓国・ソウルの市議会の行政自治委員会は、ソウルに住む10代のすべての少女に生理用ナプキンを無償で支給することを盛り込んだ条例を可決した。
「Thinx」というブランドを知っている日本人は少ないだろう。けれど「ナプキン不要の下着」や「セックス用ブランケット」という彼らの製品を耳目にしたことはあ...
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
NY生まれの「Thinx」が開発した新製品は、生理中の人が使うセックス用ブランケットです。
「STANLEY」が「WIND AND SEA」とコラボレーション。
およそ2000年前、ヴェスピオス火山の噴火で灰に埋もれてしまった南イタリア・ポンペイのとある遺跡。その遺跡は2019年に一部が掘り起こされ、約2年かけて全...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
「生理」を取り巻く価値観をアップデートする——「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
女性が人生のなかで「生理期間」として過ごす平均的な日数。2,400日は、実に6年半もの時間に相当する。そんなに長いのならば、この期間をもっと大切にするべき...
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...