勝手に生理用ナプキンが集まるポスター

ポスターの一部をハサミで切って、テープを貼って……はい、できあがり!生理用ナプキンを集めるポケット付きポスターです。

記載されている英語のコピーは「他の女性を助けてあげてください。チャンスはココにあります」という意味。誰でも生理用ナプキンを寄付できるように、このポスターは制作されました。

ニューヨークシティの公衆トイレに貼られ、余分に持っている生理用ナプキンを寄付できるような仕組みです。

背景にはホームレスの女性たちを助けたいという想いがあります。ひとつの理由として、ホームレスシェルターでは十分に生理用ナプキンが支給されていないそうです。

このプロジェクトの詳細が載っているWEBサイト「Perigives」では、ポスターがダウンロードできるようになっています。共感した人が勝手にポスターを作って、勝手に公衆トイレに貼り、そして、勝手に生理用ナプキンが集まる。スゴい!だけでは終わらせない、回収が広がる仕組みが設計されているのです。

Top image: © Perigives
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
経済的に生理用品が買えない「生理の貧困」問題に対する世界各国の取り組みをまとめて紹介。スコットランドでは世界で初めて誰でも無償で生理用品が購入できる法案が...
韓国・ソウルの市議会の行政自治委員会は、ソウルに住む10代のすべての少女に生理用ナプキンを無償で支給することを盛り込んだ条例を可決した。
NY生まれの「Thinx」が開発した新製品は、生理中の人が使うセックス用ブランケットです。
アメリカ第二の都市・ロサンゼルス。LAの公共交通機関は、都市に暮らす人々の毎日を支えている。そんな「LAメトロ」のCEOが、電車とバスの運賃無償化を検討し...
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
女性が人生のなかで「生理期間」として過ごす平均的な日数。2,400日は、実に6年半もの時間に相当する。そんなに長いのならば、この期間をもっと大切にするべき...
「Thinx」というブランドを知っている日本人は少ないだろう。けれど「ナプキン不要の下着」や「セックス用ブランケット」という彼らの製品を耳目にしたことはあ...
女性のためのケア用品を開発、販売する米メーカー「LOLA」の「エッセンシャルオイルブレンド」は生理痛を和らげる効果が期待できるとか。
月経カップや生理用ショーツに限らず、もっとユニークなアイテムを見つけました。
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
第3の生理用品と注目の「月経カップ(生理カップ)」のメリット・デメリット、正しい使い方、スムーズな入れ方、メンテナンス方法まで気になる疑問を専門家に徹底取材。
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
生理中、たとえスポーツをしても快適に過ごせるようなズレへの強さを実現するため、「ユニ・チャーム」が「順天堂大学 女性スポーツセンター」の複数の選手の声を取...
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
色使いや絵のタッチなど、日本のソレとは大きく異なる東欧のポスター。ポーランドの首都ワルシャワには、世界初のポスターの博物館「Muzeum Plakatu ...
ロンドンに拠点を置くラグジュアリーカスタムショップ「Truly Exquisite」が、24Kゴールドで仕上げられた「PS5」の予約販売を受付中だ。
「良品計画」が、新店舗「無印良品 直江津」のオープンに伴って、未稼働の観光バスを使って商品の移動販売を今秋より開始する。
2019年1月1日から、アメリカ・ニューヨーク州にて、男女のトイレにオムツ交換台を設置することが義務化されました。これから新しく建てられたり改築されたりす...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
「生理」を取り巻く価値観をアップデートする——「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
ある日、カリフォルニア市内がヘンテコなポスターでジャックされました。もちろん、これらは全部がフェイク。有名人や企業を勝手に使って、ちょっと行き過ぎでしょ!...