NYの「ちょい古」店舗を集めたInstagram

このアカウントにあがっているのは、ニューヨークシティを中心に、いろんなお店を真っ正面から撮影した写真の数々。

投稿しているのは、フォトグラファー夫婦James MurrayさんとKarla Murrayさん。彼らは、時代が移り変わるに連れ人々の交流場所だったスポットが失われている、と言います。

「あれ?あの喫茶店、なくなっちゃったんだ」

住み慣れた街を散策しているときにふと思う、あの感覚のことでしょうか。そこには古いものが新しいものに淘汰される現実をつきつけられ、ちょっと物悲しくなる気持ちがあるのでしょう。

あとで思い出として振り返れるように、JamesさんとKarlaさんはちょっと懐かしいNYを感じさせるお店を写真に収めることに。それが集まったのが彼らのアカウント。写真集も出版していますよ。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
あこがれの街。
「BEAMS」は、プロ野球チーム「読売ジャイアンツ」との異例のコラボをスタート。ファッションとしてもぴったりな限定アイテム全12型は現在販売中!
シンガポール在住メリッサさんのInstagramアカウントでは、各国のグルメと観光スポットを掛け合わせた写真が投稿されています。
タルトばっかりを投稿しているInstagramアカウント「@lokokitchen」を見つけました。
おもしろいInstagramのアカウントを見つけました。
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
12月4日、「Instagram」が新規アカウントを作成する際に「生年月日」の登録を義務付けると発表した。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、誰とでも仲良くなれる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
トルコでは「香水」の消毒剤としての需要が高まり、コロナウイルス対策として大量に買い占められている。
荒川リンジーがInstagramを使う理由とは?フィルム写真が趣味で、日常を切り取った写真の上にいま感じていることを書いてInstagramに投稿したとこ...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
「Unnecessary Inventions」というInstagramアカウントの紹介。名前の通り、不必要な発明品……あっても使わないだろうモノがフィー...
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
9月20日、ニューヨークの5番街のAppleストア「Apple Fifth Avenue」が再オープン。2017年1月20日に仮設店舗に移転していたので、...