NYの「ちょい古」店舗を集めたInstagram

このアカウントにあがっているのは、ニューヨークシティを中心に、いろんなお店を真っ正面から撮影した写真の数々。

投稿しているのは、フォトグラファー夫婦James MurrayさんとKarla Murrayさん。彼らは、時代が移り変わるに連れ人々の交流場所だったスポットが失われている、と言います。

「あれ?あの喫茶店、なくなっちゃったんだ」

住み慣れた街を散策しているときにふと思う、あの感覚のことでしょうか。そこには古いものが新しいものに淘汰される現実をつきつけられ、ちょっと物悲しくなる気持ちがあるのでしょう。

あとで思い出として振り返れるように、JamesさんとKarlaさんはちょっと懐かしいNYを感じさせるお店を写真に収めることに。それが集まったのが彼らのアカウント。写真集も出版していますよ。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...