インスタの投稿写真でわかる「あなたの病み具合」。

SNSを通じた自己表現が、当たり前の世の中。何気なく投稿している内容が、自身も気づいていない「病み」や「鬱」を映し出しているかもしれません。

アメリカのバーモント大学で行われた実験により、鬱病の可能性がある人の写真の傾向が発見されたようです。

機械学習で分かってきた
投稿者の「病みパターン」

44f3ad3229d94e2993e73455e9b5d429f48a6439

同大学のChristopher Danforth教授の実験では、鬱と診断されたことのあるインスタユーザーと健康なユーザーを合わせた166人を集め、合計43,950枚の投稿写真の色彩と顔認識のパターン、その人たちの症状レベルを学習システムに入力し、検証しました。

すると、表情(笑顔や悲しい顔など)よりも、写真の彩度や明るさに鬱の兆候が見えるという結果に。彩度が低くブルーやグレー系の写真を投稿していることが判明しました。

加えて、鬱の兆候のある人たちの写真には明るいフィルターをかけるものが少なく、写っているのは少人数、ということも明らかに。

自殺抑止にもなるかもしれない

7aecae3abd438b5f925d9ff1a4f24d90fafc5d92

まだ166人と少ないサンプルでの実験ですが、人よりもテクノロジーの診断のほうが、早く、鬱病や自殺願望などの兆候を見抜けるのでは、という可能性が出てきました。 

ビジネスメディア「Fast Company」の取材によると、Danforth教授はこの結果にとてもポジティブな見解を持っています。

「自殺の前兆の判断はとても難しく、見逃してしまうこともよくあります。精神科医たちもとても苦労しています。

しかし、今回の研究結果により、ソーシャルメディアも自殺のリスクを軽減するために役に立つでしょう」

スマホ世代とも呼ばれる今のティーンたちにおいては、今までの世代より、孤独感や鬱病の傾向が高まっているそう。彼らの投稿は、今後の鬱度チェックなどに役立つかもしれません。

今までも電話の話し声から分かるストレスの度合いや心臓病の兆候、ブログの文章から解析する鬱病などといった研究がありましたが、今回の発表で、スマホやソーシャルメディアと精神医学との繋がりが、より深まったと言えそうです。

SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
Clarendon、Gingham、Moon、Juno、Lark、Reyes、Slumber、Crema、Aden、AmaroにMayfair…。ピンとく...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
Chessie Kingさんは24歳のスタイルブロガー。Instagramにも自身のショットを投稿しています。完璧なプロポーションの写真が並ぶ中、Ches...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
実際に撮影した写真をフォトショップで編集し、自身のインスタグラムに投稿しているJULIUS KÄHKÖNENさん。実際に日本に存在する建造物と彼のイマジネ...
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
世界中を旅しながらInstagramに写真を投稿し続けるPolina Burashnikova。彼女の生活費と旅費の出どころは、確実にインスタ映えするため...
大切なのは「上手に使うこと」。なんて、もう聞き飽きてしまった人も多いでしょう。けれど、SNSの闇に飲まれてしまう危険性は誰もが抱えていること。スタンフォー...
SNSに写真をアップするとき、つい理想の自分のスタイルを演出したくなっちゃいますよね。いつもは本当はそんなに決まっていないときだってあるのに、バッチリ加工...
サインペンで書いた胸元のタトゥーに、近所で拾ってきた葉っぱのかぶりもの。娘・キャシーのセルフィーを忠実に再現してInstagramに投稿しているのは、父親...
インスタグラムでビフォーアフターを載せることもあるかと思いますが、ここ最近は、それを逆手にとった「写真のトリック」について触れる投稿も増えてきていますね。...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
『DOIY』が売り出したこのアイテムは、Instagramビジネスを始めたい、ビギナーの人にはとくに使えるアイテムのように思う。このBOXはインスタで、「...
ある写真がネットを通じて世界中に拡散された。以前は「自分に自信がなくて、心から愛せる人と出会えるとは思えなかった」というStephanieさん。そんな彼女...
2016年3月、インターネットを通じて世界中を賑わせたこちらの写真。一体何人の女の子が写っていると思いますか?改めて見てみましょう。左から順番に見ていくと...
ビヨンセが双子を出産して、初めてインスタグラムでお披露目したのがこの投稿がアップされると、世界各国の双子を出産したママたちがコピーして楽しみ始めたけれどそ...
東京、ひいては日本の魅力を撮り続けるフォトグラファーR̸K̸さん。切り取られた写真を見ると、なんだか懐かしい気持ちになります。