「世の中、マジメな写真が多すぎない?」。遊びたくなってしまったフォトグラファー

「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」

これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど数ヶ国を股にかけて活動するフォトグラファー、James Popsysさんの言葉。

日常で目にするもの同士を組み合わせて、くすっと笑える写真や、ちょっぴり皮肉を込めた写真をつくる彼の写真をいくつか紹介しましょう。

01.
「上流」の暮らし

地図の上を気球で。

02.
ハッピー・フライデー

ビールにダイブ!

03.
ムーン・ウォーク

月面チーズ。

04.
気だるい朝

ビッグ・ベンも、朝はつらい。

05.
ロンドン・タイヤ

イギリスにある観覧車、ロンドン・アイがタイヤに。

06.
Wi-Fi

どこまでも、Wi-Fi。

07.
オペラハウス

シドニー・オペラハウスの上に舞う、鳥で描かれたハートマーク。

08.
大脱走

じつは、後ろのオフィスビルのライトが点くまで数時間待ったというこだわりの一枚。

09.
コーヒー注入

HSBCホールディングスのビルには、コーヒーを。

「“普通”に見える写真が好きなんだ」

「写真って、昔は『記録』みたいなものだったんだ。レンズの前にあるものを写すだけのね。でもテクノロジーの進歩のおかげで、とてもクリエイティブにできるようになった。魔法にかかったようなミステリアスな写真を作るフォトグラファーもいるけど、僕はできる限り『普通』に見えるイメージを作りたいんだ。ただレンズの前にあるものを写しているだけに見えるようにね」 

そんなJamesさんにとって、日本は絶対に行きたいと思っている国のひとつなんだとか。

「行ったことのある家族や友人は、みんなお気に入りの場所になったって言ってるんだ。早くカメラを持って行きたいね。それに、この記事を読んでくれた人にも会えるといいな!」

Licensed material used with permission by james popsys
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
フレンチ出身のシェフが手がける牛串が絶品恵比寿にオープンした立ち呑みスタイルのバルBUTCHER YAMAMOTO & Daughters〒150-002...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
心理学と機械学習の計算社会学での研究により、インスタグラムの投稿写真からうつ病の傾向が判明した。166人の研究対象(うつ病患者とそうでない人)との投稿写真...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。東京在住...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
ホラー映画や心霊現象映像など、とにかく苦手な私。ありきたりな答えだけど、「怖い」のだ。ただ、フォトグラファーのFrank Machalowskiによる心霊...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...