「世の中、マジメな写真が多すぎない?」。遊びたくなってしまったフォトグラファー

「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」

これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど数ヶ国を股にかけて活動するフォトグラファー、James Popsysさんの言葉。

日常で目にするもの同士を組み合わせて、くすっと笑える写真や、ちょっぴり皮肉を込めた写真をつくる彼の写真をいくつか紹介しましょう。

01.
「上流」の暮らし

地図の上を気球で。

02.
ハッピー・フライデー

ビールにダイブ!

03.
ムーン・ウォーク

月面チーズ。

04.
気だるい朝

ビッグ・ベンも、朝はつらい。

05.
ロンドン・タイヤ

イギリスにある観覧車、ロンドン・アイがタイヤに。

06.
Wi-Fi

どこまでも、Wi-Fi。

07.
オペラハウス

シドニー・オペラハウスの上に舞う、鳥で描かれたハートマーク。

08.
大脱走

じつは、後ろのオフィスビルのライトが点くまで数時間待ったというこだわりの一枚。

09.
コーヒー注入

HSBCホールディングスのビルには、コーヒーを。

「“普通”に見える写真が好きなんだ」

「写真って、昔は『記録』みたいなものだったんだ。レンズの前にあるものを写すだけのね。でもテクノロジーの進歩のおかげで、とてもクリエイティブにできるようになった。魔法にかかったようなミステリアスな写真を作るフォトグラファーもいるけど、僕はできる限り『普通』に見えるイメージを作りたいんだ。ただレンズの前にあるものを写しているだけに見えるようにね」 

そんなJamesさんにとって、日本は絶対に行きたいと思っている国のひとつなんだとか。

「行ったことのある家族や友人は、みんなお気に入りの場所になったって言ってるんだ。早くカメラを持って行きたいね。それに、この記事を読んでくれた人にも会えるといいな!」

Licensed material used with permission by james popsys
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。東京在住...
心理学と機械学習の計算社会学での研究により、インスタグラムの投稿写真からうつ病の傾向が判明した。166人の研究対象(うつ病患者とそうでない人)との投稿写真...
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
ホラー映画や心霊現象映像など、とにかく苦手な私。ありきたりな答えだけど、「怖い」のだ。ただ、フォトグラファーのFrank Machalowskiによる心霊...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
日常の何気ない出来事をアニメや漫画のワンシーンのように作り上げるOscar Roguezの“ひとコマ漫画風”の写真。ちょっとお疲れのときでも、眺めていると...
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
弁護士というハードな仕事をこなしながら、複数の会社を経営するFran Garcíaの写真を見て働き方を改めねばならないと思った。多忙にも関わらず、「遊び心...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...