アーティスト、トーマス・ルフによる、写真をたのしむ時間です。

気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切れずに続いていく。撮る側にとっても、撮られる側にとっても、写真はずいぶんと身近なものになっている。
1990年以降、現代の写真表現を探求してきたドイツ出身のアーティスト、トーマス・ルフ氏による日本初の本格的な回顧展が、現在、東京国立近代美術館で開催中である。ほんの一部ではあるが、展示作品を通して、彼の写真との向き合い方を紹介したい。

まっすぐ前を見つめる
大きなポートレート写真。

C7bbf0f2a68ebc28ba139bbde28d00a60a8f3147
トーマス・ルフ《Porträt (P. Stadtbäumer)》1988年 C-print, 210×165cm © Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016

会場に入ってすぐに目に留まるのが、まっすぐこちらを見つめるポートレート写真。この『Porträts(ポートレート)』シリーズは、高さ2メートルを超える巨大なサイズに引きのばされた作品。遠くから見ると証明写真のように見えるが、近づいてみると、その表情や、肌の細かな質感までが鮮明に写り、見る者にたくさんの情報を与える。もし、この写真が、手のひらにおさまるサイズで道端に落ちていたらどうだろう? 証明写真のようなありふれた枠の中に収まっているからこそ、その大きさが異なるだけで、写真の見方や向き合い方が変わるということに気づかされる。

建築物を視覚的にとことん研究。

970893ba2fda1ba21f2cc537b4089c121207034d
トーマス・ルフ《w.h.s. 01》2000年 C-print, 185×245cm © Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016

ル・コルビュジェやフランク・ロイド・ライトと共に、近代建築の三大巨匠のひとりとされた、ルードヴィッヒ・ミース・ファン・デル・ローエ。彼の頭文字をとった『l.m.v.d.r.』シリーズの一枚である。自ら撮影しただけでなく、既存の写真や、デジタル処理も行い、建築物ととことん向き合いながら制作した、いわゆる建築写真の枠を超えた作品となっている。美術館の外には、この写真がレジャーシートになって芝生に敷かれている。靴を脱いで、寝転びながら空を見上げたい。

テーマは、デジタル画像の解体。

956f865a90a82105301c3b1f99ba0a65e82cf47d
トーマス・ルフ《jpeg ny01》2004年 C-print, 256×188cm © Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016

パソコンで画像を取り込むとき、jpeg(ジェイペグ)というデジタル画像の圧縮方式を使うことが多い。もっとも標準的な画像フォーマットの名称であるが、この圧縮度を高くすると、ノイズが発生し、モザイク状になる。これにヒントを得た『jpeg』シリーズは、離れたところから見ると、画家のゴッホに代表される点描のように、なめらかな写真に見える。ととのったものばかりが写真ではないだろうと、ルフ氏から問いかけられているようだ。

 『トーマス・ルフ展』は、11月13日(日)まで開催中。

このほかにも、まだまだたくさんの作品があり、なかには、自ら撮影したものではなく、カメラを使わずに制作しているものもある。全体を通してみると、これまで味わったことのないような、ある種の違和感を感じる作品ばかりで、そこには、ルフ氏の、あたらしいことへ挑戦する意志のようなものを見ることができる。なにかのルールに囚われず、自由に考え、アイデアを出し、作品をつくり続けること。普遍的なテーマに対して、あたらしい切り口を見つけることは容易いことではないが、向き合いつづけていたら、いつかは光が差し込んでくるのかもしれない。

【展示会概要】
トーマス・ルフ展
・会期:2016年8月30日(火)〜11月13日(日)
・会場:東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
・場所:東京都千代田区北の丸公園3-1
・休館日:月曜。ただし、9月19日、10月10日は開館し、9月20日(火)、10月11日(火)は休館。
・開館時間:10:00~17:00(毎週金曜日は20:00まで)
 ※入館は閉館の30分前まで
・観覧料:一般    1,600円
     大学生   1,200円
     高校生   800円
     中学生以下 無料

Licensed material used with permission by トーマス・ルフ展
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
「どうしたの?」写真を観た瞬間に心の中で呟いてしまった。こちらの猫の名前は、ルフくん。世界一さびしげな顔の猫として知られているようだ。この物憂げな表情が、...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
この写真、点描画にも似ているんですが、なんかひと昔前のテレビを切り取ったような感じで、味わい深いんです。
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
「大鐵(だいてつ)」の愛称で愛される大井川鐵道は、静岡県島田市の金谷駅から千頭駅を結ぶ大井川本線と、千頭駅から井川駅を結ぶ井川線を運行するローカル鉄道。新...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
166年前に発明された技術を使って、子ども達の写真を撮影し続けている、スペインのアーティスト・Jacqueline Robertsさん。坂本龍馬の有名なポ...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
紺色のボディに金色の文字。一見すると、日本の5年用パスポートのよう。ですが、そこには「UENO WELCOME PASSPORT」と記されています。一体、...
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。東京在住...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう。そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
美術館って、うとうとしてしまう。座った途端に「待ってました」と重くなる瞼に逆らうのは、至難の技だ。すやぁ……と、眠りに落ちる様子を捕らえるためだけに、美術...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...