クロアチアの「時が止まったような滝」のショットが神秘的すぎる!

ハンガリー出身のフォトグラファーTamas Toth氏。彼がクロアチアで撮影した写真は、この世のものとは思えないほどに神秘的だ。

撮影場所は、クロアチア最大の「プリトヴィッツェ湖国立公園」。広大な森の中には、大小16の湖と無数の滝があり、世界でも他に類を見ない美しい景観を生み出している。エメラルドグリーンからコバルトブルーへと変化する瞬間に凍りついた滝。時間が止まったような奇跡的な写真を前には、ため息しか出てこない。

Licensed material used with permission by TT Pixels
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
千葉県君津市の清水渓流公園にある「濃溝の滝」。都心からわずか1時間程度でアクセスできる、隠れ家的パワースポットです。
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
アメリカには、現在、59もの国立公園がある。そのすべてを周って写真を撮り続けたのは、フォトグラファーのJonathan Irish。じつに、1年の月日をか...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
世界一背が高くなる樹、通称「レッドウッド」(正式名称セコイアメスギ:スギ科セコイア属)が自生することで知られる、アメリカ・カリフォルニア州の「レッドウッド...
33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。...
この4種類をデスクに常備しています。
カリフォルニアに位置するジョシュア・ツリー国立公園内というロケーションです。内装も抜群なのですが……。
オーストリア・シュタイアーマルク州トラゲスにある湖「Gleenlake」。アルプスを望む自然公園にあるこの湖、冬場は1~2mの水溜まりなのですが、雪解け水...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた地球の裏側の、とある大砂丘ー。ブラジル北東部にある「レンソイス・マラニャンセス国立公園」。レンソイスとは...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
Bill Sycalikさんは、健康に気を配ろうとランニングを始めた人のひとり。マラソンに出場しようとトレーニングを重ねていたら、彼はいつしかランニングの...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
“アドリア海の真珠”と謳われる、ドブロブニクの旧市街。クロアチアを訪れる観光客の最大の目的地がここだろう。でもここはイストリア半島西岸に位置する小さな漁港...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...