初夏の間だけ水に沈む、オーストリアの公園が神秘的。

オーストリア・シュタイアーマルク州トラゲスにある湖「Gleenlake」

アルプスを望む自然公園にあるこの湖、冬場は1~2mの水溜まりなのですが、雪解け水が流れ込む夏場にだけ、神秘的なダイビングスポットとなるのです。

世界中のダイバーが魅了される理由は、公園の姿そのままが残ったエメラルドグリーンの湖底にあります。

エメラルドグリーンを生み出す
「草原の輝き」

4066ae76b3f6937ab3f8e4dcb050d9dccb3785e534f3988a5e7cb93f96771dcb143ce91898b5c4ef

「Gleenlake」は夏の間だけ、自然公園になっている場所に出現します。つまり、普段は公園になっている敷地が水の底に沈んでしまうのです。

湖面が美しくエメラルドグリーンに見えるのは、湖底に沈んだ草原が光を反射しているから。

草も木も花も、すべてが澄んだ雪解け水の中で息づいているのです。

8af67e367cb238b1ccec2b9f785bed42d0f40b08Cd38692b0f88cadec69ac17be81d2d3465eeb45553c3833f8af90efd030ae307f3ba1983b10f9251

7月には雪解け水が蒸発してしまうため、最適なダイビングシーズンは5月~6月。

水深は、10m以上にもなるそうです。

水底にはカニなどの水辺の生き物も生息していて、雪解け水は透明度が高いので、小さな生き物も見つけやすいかもしれません。

C00f974bb64a8162f36379477db8b407f29d0ce6

植物だけではなく、公園の遊歩道も湖底に沈んでいて、不思議な世界観。泳いでいると、宙を浮いているような錯覚を起こしそうですね。

「Gleenlake」のあるシュタイアーマルク州トラゲスは、ウィーンからアルプス方面へ向かって約180km離れた場所。車で大体90分ほどの道のりだそう。

もしくは電車を使うなら、ウィーン・マイドリング駅で乗車、ブルック・アン・デア・ムーア駅で下車。駅からトラゲスまでバスで40分ほどかかり、さらにトラゲスの街から湖までは徒歩30分ほどかかるので、レンタカーを借りて向かうほうがいいかもしれません。

Licensed material used with permission by Global Dive Media
ハンガリー出身のフォトグラファーTamas Toth氏。彼がクロアチアで撮影した写真は、この世のものとは思えないほどに神秘的だ。撮影場所は、クロアチア最大...
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
神奈川県足柄上郡山北町の玄倉川上流にあるユーシン渓谷で、美しい紅葉とエメラルドグリーンに輝く水のコラボレーションが、なんと神奈川県で楽しめます!
富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今は何もない広場を、「日本一楽しい」と自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
彫刻アートを通して社会問題についてうったえてきた、オーストリアの彫刻家、Erwin Wurm。彼の新しいアート・プロジェクトがブルックリンで開催されている。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
南アルプスのふもとにある、大間ダムによってせき止められてできた人工の湖。ここでは、自然の景色とはひと味ちがった絶景が「夢の吊り橋」から楽しめます。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
アメリカには、現在、59もの国立公園がある。そのすべてを周って写真を撮り続けたのは、フォトグラファーのJonathan Irish。じつに、1年の月日をか...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”た...
「普通のサッカーなんて退屈だ」そんな強気な発言とともに、まったく新しいスポーツを開発してしまった男たちがオーストリアにいる。競技の名は「アルパインサッカー...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
街中に忽然と現れる、巨大な白い布。よく見ると、すべてハンモックになっています。これは、ドバイのとあるエリアで見られる光景。この街が抱える問題を解決するため...
海の近くの、花の楽園。そんなキャッチフレーズがピッタリの国営ひたち海浜公園では、現在、コキア(ほうき草)の紅葉が見頃を迎えているのだそう。園内の「みはらし...
18世紀オーストリアにおいて絶大な政治力をもった女帝マリア・テレジア。あのマリー・アントワネットの母親です。大のコーヒー好きだったとされるマリアを、この国...
大人になってから、森林公園に行く機会ってほとんどない。もし、行ったとしても癒しを求めて散歩をしたり、健康を維持するためにランニングしたり、子どもの頃みたい...