ソーシャルディスタンスを保った「奇妙な公園」……?

新型コロナウイルスの影響で、社会のあり方が大きく変動している。果たして「ポスト・コロナ」と呼ばれる時代の都市はどんな姿をしているのだろう?

オーストリアを拠点にする設計会社「Studio Precht」は、ウィーンの都市部にある空き地に、そんな新しい時代を象徴するかのような公園のデザイン案を発表した。

「Parc de la Distance」と命名されたこの公園では、生垣で区切られた迷路のような小道を歩くことで、ソーシャルディスタンスを保った状態で自然を満喫することができるのだ。

各レーンに入ることが出来るのは1人だけで、歩き終わるまでの約20分間は、都市部にいながら孤立した状態を体験できるという。

設計したChris Precht氏は、指紋からインスピレーションを受けたというこの幾何学模様について「中心への道のりは、内に秘める自分への道だ。この形はそういった散歩に適している」と語っている。

ソーシャルディスタンスを逆手にとった新しい公園の形。確かに、この小道を1人で歩けば、気分がリフレッシュできそうだ。

Top image: © Studio Precht
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「伊豆シャボテン動物公園」のレストランでは、カピバラやレッサーパンダのぬいぐるみが、客席のソーシャルディスタンス確保に貢献している。感染防止対策のためのテ...
米「バーモント大学」の「ツイートが示す気持ちについての調査」によると、公園にまつわるツイートはクリスマス並みの幸福度の高さがあることが明らかに。
今年6月、渋谷の「宮下公園」が「MIYASHITA PARK」となって復活。スケート場やボルダリングウォールに加え、サンドコート仕様の多目的スペースや芝生...
日本では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「他者との距離=ソーシャルディスタンス」は2メートルが推奨されているが、じつははその「距離」に、国や地域...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
アメリカで、2050年までにすべての住民にとって徒歩10分圏内に公園がある状態を目指すムーブメント「10 Minute Walk」が起きている。
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...