「アフターコロナ時代」の新たなビーチのカタチ

世界中で施行されていたロックダウンは、現在多くの場所で緩和されてきている模様。それに伴い、人が多く集まることから閉鎖されてきたビーチも再開へ向けて動き始めているという。

ローマを拠点にするデザイナーUmberto Menasci氏は、“アフターコロナ”の時代の新しいビーチの形として「SAFE BEACH」と題したデザイン案を提案。

ビーチサイドにはパネルで区切られたボックスが設置され、利用者はソーシャルディスタンスを保ちながら、ビーチ上でリラックスすることができるというものだ。

各ボックスには2つのビーチチェアパラソルが用意され、これなら安全で快適に海を満喫することができそう。

これはあくまでもひとつの案ということだが、このような施設を作る動きも始まっているとか。

いずれにせよ、夏はもう目の前まで近づいてきている。今年はビーチで遊ぶことができるのだろうか……。

Top image: © Umberto Menasci
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事