カリフォルニア州は新型コロナウイルスから「ホームレス」を守るため「ホテルの借り上げ」を発表

先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホテルやモーテルの部屋を一時的に借り上げ、ホームレスの人々に提供すると発表した。

カリフォルニア州のホームレスの人口は10万人以上といわれており、衛生環境が整っていないホームレス野営地などでウイルスが広がった場合、壊滅的なダメージは避けられない。

3月19日、カリフォルニア州政府はのカリフォルニ州のすべての個人に向けて自宅または居住地に留まるよう命じ、飲食店やバー、イベント会場、ヘアサロンなどは営業を停止をしている。それに伴い、彼らの手洗い場として機能していた公共の図書館などの施設も閉鎖され、衛生環境はますます悪くなっている状況だ。

状況改善のため、ロサンゼルスやサンフランシスコを含むいくつかの都市では、ホームレスの野営地に手洗いステーションの設置を進めている。また、米国内の一部の地域では、新型コロナウイルスの拡散に起因する立ち退きを一時的に禁止し、ホームレスを増やさないための施策も実施されているようだ。

未だ終息の目処が立たない新型コロナウイルスへの各国の対応に今後も注目したい。

Top image: © Sompetch Khanakornpratip/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中国の「ケンタッキー」は、人との接触なく商品を受け渡しをする「コンタクトレスデリバリーサービス」を開始。
2月7日、東京都は世界中に拡大する「新型コロナウイルス」の対策についての2本の動画をYouTubeに公開した。出演は、都知事の小池百合子氏。
世界各地に感染拡大している「コロナウイルス」の勢力をリアルタイムで可視化したマップが、「CSSE」(ジョンズ・ホプキンズ大学のシステム科学工学センター)に...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「LUSH」が、新型コロナウイルスの蔓延に伴い“手洗いサービス”を開放中。誰でも自由に利用することができ、商品を購入する必要はないという。
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
検索トレンド分析ツール「Google Trend」を利用して、「コロナウイルス」の規模を数字的に可視化。グラフを見ることで、コロナウイルスが未だかつてない...
東京都が、3月4日に「新型コロナウイルス(COVID-19)」に関する情報を集約した公式対策サイトを開設。多方面から注目を集めている。
「Apple」は、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているかどうかの判断材料をSiriを利用して調べる新サービスを開始した。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
英KFCは、新型コロナウイルスの流行により、「Finger lickin'good」というフレーズを掲げたPRキャンペーンを一時休止する事態に至ったという。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
「アマビエ」は、江戸末期の肥後国(現在の熊本県)の海に現れたとされ、疫病退散に御利益があると信じられてきた妖怪。新型コロナウイルスの感染が拡大する今、この...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
米国シアトルを代表する高級レストラン「Canlis」が3月上旬、SNSで新型コロナウィルスの対策による店舗の閉鎖と同時に発表したのは、新しいフードビジネス...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
「ふるさと納税ガイド」がまとめた「ふるさと納税でもらえるマスク・消毒剤の返礼品」。新型コロナウィルス発生やインフルエンザ流行の影響を受け、コンビニやスーパ...
3月24日、「Airbnb」がフランスにて、新型コロナウイルス(COVID-19)と戦う医療関係者に無償で施設を提供すると発表した。これはさまざまな困難に...
「新型コロナウイルス」の影響による「Xenophobia(外国人嫌悪)」が米国で問題に。各州に存在するチャイナタウンにある多くのレストランから人足が遠のい...
米俳優ジャレッド・レトがInstagramにひとつのメッセージ画像を投稿した。同氏は携帯を置いた状態で12日間の“サイレント瞑想”を荒野にある施設で決行。...
米コスメブランドの「Lipslut」は、販売利益の100%をCOVID-19の救援活動に寄付すると発表。
「米航空宇宙局(NASA)」は、今月2日に大気汚染の原因となっている二酸化窒素の濃度が中国各地で大幅に減少していることを示す衛星写真を公開した。