英『コリンズ英語辞典』が選んだ「今年の単語」とは?

11月10日、イギリスの『コリンズ英語辞典』が2020年の「ワード・オブ・ザ・イヤー」を発表した。

選ばれたのは「lockdown(ロックダウン)」。

もちろんこれは、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が影響している。もともとは刑務所を起源にする言葉で、問題を起こした受刑者を監房に閉じ込める際に使われていたそうだ。

新型コロナウイルス関連以外では、Black Lives Matter運動の頭文字「BLM」、イギリス王室から退いたヘンリー王子とメーガン妃を意味する「Megxit」、TikTokで多くのフォロワーを獲得する「TikToker」が候補として挙がっていたという。

ちなみに、2019年の「ワード・オブ・ザ・イヤー」は「climate strike(気候マーチ)」。来年はどんな言葉が選ばれるのだろうか?

Top image: © iStock.com/~UserGI15633931
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2019年も『コリンズ英語辞典』からワード・オブ・ザ・イヤーが発表された。今年選ばれたワードは、人々の環境問題への意識の高まりを表した“あの言葉”......。
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
今年2月あの『オックスフォード英語辞典』に新たに追加されたワード「Hangry」の意味を知っていますか?
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
10月9日、『スター・ウォーズ』シリーズで使われている4つの言葉が『オックスフォード英語辞典』に追加された。
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
英KFCは、新型コロナウイルスの流行により、「Finger lickin'good」というフレーズを掲げたPRキャンペーンを一時休止する事態に至ったという。
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
岐阜県大垣市で枡の製造・販売を手掛ける「大橋量器」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅で飲む「宅飲み」を促す「わたしたちはコロナに負けずおうち時間...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
創業100年を超え、米国発の自動車メーカーとして一時は世界最大の規模として名を馳せた「ゼネラル・モーターズ(GM)」が、約57年ぶりに会社ロゴを新しくする...
4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
新型コロナウイルスの影響で注目を集めた「プレッパー」とよばれる人々。意味、なぜ注目されているのか時代背景やミニマリストとの比較を混じえながら紹介します。
米「Apple」と「Google」は先日、スマートフォンを使って新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出・通知する技術を共同開発することを発表した。5月...
新型コロナウイルスから身を守ってくれる新たな防御スーツ「BioVYZR」が、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」に登場した。
「ブルガリ」がフレグランスや化粧品の開発でパートナーシップを組む「ICR社」と共同開発した、消毒剤を用いた「ハンドクレンジングジェル」。イタリア市民保健局...
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...