「Apple」と「Google」がタッグを組んで新型コロナウイルス対策へ!

米「Apple」と「Google」は先日、スマートフォンを使って新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出・通知する技術を共同開発すると発表した。

5月には、各国の公衆衛生当局向けに提供が開始される予定で、日本でも展開されるという。

共同開発される新技術には、お馴染みの「Bluetooth」を採用。新型コロナウイルスの感染者が見つかった場合、本人の同意を得て、過去14日間に蓄積したスマートフォンのデータを参照し、濃厚接触の可能性がある人々へ通知がいくというものだ。

また、開発に当たり両社は、プライバシーと透明性の問題を最重要に考えているとのこと。というのも、中国や韓国では国が国民の位置情報に関するデータを集めて、ウイルス感染拡大の防止へと役立てており、効果は絶大だが、国による国民の監視ではないかとの声も......。今回の2社の取り組みはその点もクリアしていると強調している。

ライバル企業ともいえる両社の異例のタッグ。恐らくは自身の技術力をもっとも開示したくない相手であろうが、この世界最大のIT企業2社による新技術が大きな効果をもたらしてくれることに期待したい。

Top image: © Apple Japan
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

検索トレンド分析ツール「Google Trend」を利用して、「コロナウイルス」の規模を数字的に可視化。グラフを見ることで、コロナウイルスが未だかつてない...
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
「Google」は6月8日、新型コロナウイルス対策として、Googleマップに新たな機能を追加したと発表した。第二波、第三波の発生を防ぐためのアップデート...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
気分の落ち込みや不眠といった症状として現れることもある「コロナ疲れ」が問題になっているなかで、イギリスで生活に悩む人へのヘルプラインを提供する慈善団体「C...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。