調達額1億円オーバー!抗ウイルスの「ずっと使いたいマスク」

応援購入サイト「Makuake」にて驚異の応援購入総額を誇るマスクを紹介。

その額、なんと約1億2千万円。当初の目標金額である100万円を遥かに上回る特大の注目を集めている!

最大の特徴は、表側の生地にCORDURAファブリックを使用していること。

一般的に鞄やアウトドア用品に用いられることが多く、とにかく頑丈で長く使える。そのタフネスさは、世界中の多くの国の軍隊から信頼を得ているほどだ。

そのCORDURAナイロンと綿を混紡し、特殊加工を施すことで、吸水・速乾の機能もプラス。マスクのなかが蒸れにくく、不織布よりも毛羽立ちにくい。ワンポイントのCORDURAのタグにより、ファッション性もアップするだろう。

裏側に使用したヴァイアブロックは、抗ウイルス消臭の機能が高い素材。さらにNafiaSというナノファイバーからなる微小なメッシュ構造のフィルターシートをなかに入れ込むことで、細かな粒子をキャッチしつつ、呼吸のしやすさを実現した。

5色3サイズ展開で、購入はこちらのページにて。プロジェクトの終了が迫っているので、チェックはお早めに!

©Makuake

※左から順にホワイト/ネイビー/カーキ/ベージュ/ブラック
光の当たり方で色の見え方が変わりますのでご注意ください

©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
ほかのマスクもチェック!

関連する記事

マスクなどにシュッとひと吹きで抗菌・抗ウイルス性をプラスするスプレー「ウイルスボマーfor マスク」が、5月8日まで応援購入サービス「Makuake」にて...
新型コロナウイルスの影響で行き場を失ったTシャツ生地を使用し、抗ウイルス加工を施した「着るマスクTシャツ」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE...
オフィス家具とホーム家具の商社兼メーカー「株式会社弘益」より、抗ウイルス家具シリーズ「SOCIA(ソシア)」が新発売。
「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
米国「ハーバード大学」と「マサチューセッツ工科大学(MIT)」の共同チームが、新型コロナウイルスを検出すると蛍光シグナルを出すマスクを開発中。マスクを装着...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。