トラベルギアブランドの「マスク」がすごい!その理由に納得

トラベルギアブランド「TO&FRO」がマスクの販売を開始した。

「ホールガーメントマスク+AGシート」は、無縫製技術で立体成形されたマスク。縫い目がないため肌への負担が少なく、長繊維を使用することで糸くずもなく快適に過ごせる。隙間の少ないフィット感と耳にやさしい形状も特徴だ。

銀繊維ブロックシートが付属し、内部のポケットに挿入することで抗菌・防臭効果もプラス。シートを入れたまま洗濯して繰り返し使用でき、抗菌効果も持続。PM2.5や花粉などの粒子の侵入だって軽減してくれるという(※)。

ちなみに「TO&FRO」は、1950年の創業以来、日本3大繊維産地である石川県でテキスタイルの開発を続けている専門メーカー「カジレーネ株式会社」が手がけている。

同社は、とくに軽量織物の分野において、高い開発力・技術力を発揮している業界のトップランナー。未曾有の危機に対し、テキスタイルメーカーとして何か貢献ができないかと考えた結果、マスクの販売へと至ったわけだ。

価格は3300円(税込)で、購入はオンラインストアにて。

1日の販売数を決めているため、売り切れの場合でも翌日には在庫が補充されている可能性あり。ブランド側は「都度確認してほしい」と呼びかけている。

※花粉捕集効率:99%、PEE(微粒子収集効率):60% (微粒子ろ過効果試験にて)

©TO&FRO
©TO&FRO
©TO&FRO
Top image: © TO&FRO
ほかのマスクもチェック!

関連する記事

手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
トラベルギアブランド「TO&FRO」から、オリジナルアイテム「コンフォータブルマスク」が新発売。
トラベルギアブランド「TO&FRO」が本日正午に新たに発売した「ADJUST COMFORTABLE MASK」。
「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
トラベルギアブランド「TO&FRO」と「和トリエ」がコラボレーションした「トラベルティー」です。
米国「ハーバード大学」と「マサチューセッツ工科大学(MIT)」の共同チームが、新型コロナウイルスを検出すると蛍光シグナルを出すマスクを開発中。マスクを装着...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。