国によって距離が違う!?世界各国の「ソーシャルディスタンス」と町の変化【海外調査】

日本では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「他者との距離=ソーシャルディスタンス」2メートルが推奨されているが、じつははその「距離」に、国や地域によって多少の違いがあることがわかった。

これは、海外と関わる人の課題解決を目的に運営されている「ロコタビ」が、自社サービスが持つネットワークを生かして調査、分析をおこなった結果わかったもの。各国のソーシャルディスタンスは以下の通りだ。

【1.0メートル】フランス、イタリア

【1.5メートル】ドイツ、ホンジュラス

【1.8メートル】アメリカ

【2.0メートル】スイス、スペイン、韓国、日本

ちなみに、ドイツ在住の日本人によると、現地の至るところにソーシャルディスタンスの表示が出るようになり、マスク着用が義務付けられたとか。

一方、ホンジュラスでは、銀行の前やスーパーマーケットのレジの前などに、1.5メートル間隔にラインが引いてあり、サンフランシスコでは、公園の芝に、散策路に6ft(約1.8メートル)のスケールが現れ、イタリアでは公共交通機関の座席が、ソーシャルディスタンスを保つため、座れない席が多数できたそうだ(いずれも現地在住日本人談)。

さらに興味深いのは、足元のソーシャルディスタンス。

ニューヨークパリなどでは、日本では当たり前とされている「玄関で靴を脱ぐ」という行為がみられるようになったのだとか。外のものを家のなかに持ち込まないことで、足元の社会的距離を保っているのだ。

また、ドイツスペインのビーチでは、ビーチパラソルの配置について距離を保つことが求められ、イタリアでは監視員による人工呼吸対応を禁止するようにという決まりもできたようだ。

生きることは、変わること。世界は今も変化しているが、私たちに必要なのは、それに柔軟に対応していくことなのかもしれない。

Top image: © 2020 株式会社ロコタビ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

タイ・バンコクにあるベトナム料理店「Maison Saigon」が実施しているソーシャルディスタンス対策を楽しんでもらう方法のご紹介。
5/26に緊急事態宣言が解除されましたが、油断は禁物。そこで海外で行われている素敵なソーシャルディスタンスのアイデアを覗いてみましょう!
コロナ渦の中で生まれた、新しい言葉をご存知ですか?いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回はコロナがきっかけで広がったソーシャルディスタンス、ソーシャ...
まるで大きなタイヤのような形をした「Bumper Tables」は、真ん中に入るだけで自然と360度ソーシャルディスタンスが取れてしまうスグレモノ。
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
「伊豆シャボテン動物公園」のレストランでは、カピバラやレッサーパンダのぬいぐるみが、客席のソーシャルディスタンス確保に貢献している。感染防止対策のためのテ...
新型コロナウイルスの流行によって注目されている考え方「ソーシャルバブル」です。Withコロナが当たり前になっていくこれからの時代、ソーシャルバブルはスタン...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
アパレルとしても注目を集める「ワークマン」。今月16日にブランド初のスーツ「リバーシブルワークスーツ」の発売をスタート
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。