国によって距離が違う!?世界各国の「ソーシャルディスタンス」と町の変化【海外調査】

日本では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「他者との距離=ソーシャルディスタンス」2メートルが推奨されているが、じつははその「距離」に、国や地域によって多少の違いがあることがわかった。

これは、海外と関わる人の課題解決を目的に運営されている「ロコタビ」が、自社サービスが持つネットワークを生かして調査、分析をおこなった結果わかったもの。各国のソーシャルディスタンスは以下の通りだ。

【1.0メートル】フランス、イタリア

【1.5メートル】ドイツ、ホンジュラス

【1.8メートル】アメリカ

【2.0メートル】スイス、スペイン、韓国、日本

ちなみに、ドイツ在住の日本人によると、現地の至るところにソーシャルディスタンスの表示が出るようになり、マスク着用が義務付けられたとか。

一方、ホンジュラスでは、銀行の前やスーパーマーケットのレジの前などに、1.5メートル間隔にラインが引いてあり、サンフランシスコでは、公園の芝に、散策路に6ft(約1.8メートル)のスケールが現れ、イタリアでは公共交通機関の座席が、ソーシャルディスタンスを保つため、座れない席が多数できたそうだ(いずれも現地在住日本人談)。

さらに興味深いのは、足元のソーシャルディスタンス。

ニューヨークパリなどでは、日本では当たり前とされている「玄関で靴を脱ぐ」という行為がみられるようになったのだとか。外のものを家のなかに持ち込まないことで、足元の社会的距離を保っているのだ。

また、ドイツスペインのビーチでは、ビーチパラソルの配置について距離を保つことが求められ、イタリアでは監視員による人工呼吸対応を禁止するようにという決まりもできたようだ。

生きることは、変わること。世界は今も変化しているが、私たちに必要なのは、それに柔軟に対応していくことなのかもしれない。

Top image: © 2020 株式会社ロコタビ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

タイ・バンコクにあるベトナム料理店「Maison Saigon」が実施しているソーシャルディスタンス対策を楽しんでもらう方法のご紹介。
5/26に緊急事態宣言が解除されましたが、油断は禁物。そこで海外で行われている素敵なソーシャルディスタンスのアイデアを覗いてみましょう!
コロナ渦の中で生まれた、新しい言葉をご存知ですか?いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回はコロナがきっかけで広がったソーシャルディスタンス、ソーシャ...
まるで大きなタイヤのような形をした「Bumper Tables」は、真ん中に入るだけで自然と360度ソーシャルディスタンスが取れてしまうスグレモノ。
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
「伊豆シャボテン動物公園」のレストランでは、カピバラやレッサーパンダのぬいぐるみが、客席のソーシャルディスタンス確保に貢献している。感染防止対策のためのテ...
新型コロナウイルスの流行によって注目されている考え方「ソーシャルバブル」です。Withコロナが当たり前になっていくこれからの時代、ソーシャルバブルはスタン...
人が多い夏場のビーチではまだ新型コロナウイルス(COVID-19)の感染リスクが気になるところ。そんな問題を解決するクリエイティブなアイテムを紹介。
アメリカ、フランス、中国など世界の12の国と地域の人々の間では、終息後に訪れたい旅行先として日本がもっとも人気だという。
新型コロナウイルスによって変わった人々の日常を、くすっと笑えるユーモラスなイラストにして紹介。
「アディダス ジャパン株式会社」と「オールバーズ合同会社」が、コラボレーションによるランニングフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を発表。
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
新型コロナウイルス感染者のスクリーニング手段として、アラブ首長国連邦(UAE)にある「ドバイ国際空港」では8月初めから警察犬ユニットが配置中。なんと91%...
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...
検索トレンド分析ツール「Google Trend」を利用して、「コロナウイルス」の規模を数字的に可視化。グラフを見ることで、コロナウイルスが未だかつてない...
HIV/AIDSの感染予防や支援活動をおこなっている英国のテレンス・ヒギンズ財団が「新型コロナウイルスの感染リスクを下げるセックスに関するアドバイス」を公...
アメリカ発の口コミアプリ「Yelp」は、新型コロナウイルスの経済的影響を報告書にまとめて発表。同アプリにおけるユーザーの検索状況を見ることで消費者の需要の...
日本でコロナが流行り始めた時期、トイレットペーパーの買い占めやマスクの入手困難などのニュースが、連日報道されていました。では、海外はどうだったんでしょうか...
米「Apple」と「Google」は先日、スマートフォンを使って新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出・通知する技術を共同開発することを発表した。5月...
オーストリアを拠点にする設計会社「Studio Precht」は、ウィーンの都市部にある空き地に、新しい時代を象徴するかのような公園のデザイン案を発表。「...
米俳優ジャレッド・レトがInstagramにひとつのメッセージ画像を投稿した。同氏は携帯を置いた状態で12日間の“サイレント瞑想”を荒野にある施設で決行。...
「アマビエ」は、江戸末期の肥後国(現在の熊本県)の海に現れたとされ、疫病退散に御利益があると信じられてきた妖怪。新型コロナウイルスの感染が拡大する今、この...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
旅行の自由度に応じた各国のパスポートの信用度、信頼度を毎年調査している「Henley Passport Index」は、2021年のパスポートランキングを...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...