【調査結果】新型コロナウイルスは、「トイレ利用」をどう変えたのか?

「パナソニック株式会社」ハウジングシステム事業部がコロナ禍の「自宅トイレにおける意識の変化」について、インターネットによるアンケート調査を実施した。未曾有の感染症、在宅時間の増加は、ボクらのトイレ事情をどう変えたのか?

以下、注目の調査結果。

まず、トイレの利用に関して「トイレ後に便ふたを閉めてから流す人」が、以前よりも増加し、その割合が全体の半数以上となる59%に。回答者が挙げた具体的な理由を見てみよう。1位「衛生面が気になるから」、2位「感染リスクが気になるから」、3位「清潔だと思うから」。

©パナソニック

興味深いのは「トイレ後の手洗い」に関する調査。やはりここでも、衛生面感染を気にする動向は顕著だ。

手洗いの方法(大便時のみ)についての質問では、「せっけんを使って手を洗っている人(以前から実践していた人も含む)」の割合が57.7%、「感染拡大後にせっけんをつけて洗うようになった人」は34.6%。

手洗い場所についての質問では、「トイレ個室の外にある洗面化粧台で洗う」と答えた人が46.1%、次いで「トイレタンク上の手洗い」が34.2%、「トイレ個室内の専用手洗い」が17.4%という結果に。

©パナソニック
©パナソニック

5年前の調査(2016年2月 n数=420名)と比べると、「トイレタンク上の手洗い」で洗う人の割合は減少し、「個室外の洗面化粧台」で洗う人の割合は13.7%増加。洗面台で入念に手を洗う人が増えたことは明らかだ。

マスク、消毒、手洗い、うがい……そしてトイレ事情。withコロナにあってボクらの生活スタイルは、こうした少しずつの変化の積み重ねなのかもしれない。

Top image: © Viktoriia_P/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
気分の落ち込みや不眠といった症状として現れることもある「コロナ疲れ」が問題になっているなかで、イギリスで生活に悩む人へのヘルプラインを提供する慈善団体「C...
「Apple」は、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているかどうかの判断材料をSiriを利用して調べる新サービスを開始した。
検索トレンド分析ツール「Google Trend」を利用して、「コロナウイルス」の規模を数字的に可視化。グラフを見ることで、コロナウイルスが未だかつてない...
新型コロナウイルス感染者のスクリーニング手段として、アラブ首長国連邦(UAE)にある「ドバイ国際空港」では8月初めから警察犬ユニットが配置中。なんと91%...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
「ロンドン博物館」が市民の「睡眠中の夢」を収集するプロジェクト「Guardians of Sleep」を実施。どうやら新型コロナウイルスとも関係が……?
アメリカ発の口コミアプリ「Yelp」は、新型コロナウイルスの経済的影響を報告書にまとめて発表。同アプリにおけるユーザーの検索状況を見ることで消費者の需要の...
ドイツ・ミュンヘンを拠点とする企業「Semic RF」が新型コロナウイルスの感染を判断できるスマートフォン用アプリを開発。そう、必要なのはスマートフォンだけ。
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。
調査結果によると、男性は女性より週20時間も多く家庭のタスクをこなしているとか。睡眠障害や、心拍数が上がるなどの症状も。
先行きの見えない新型コロナウイルスの脅威。これをどう受け入れながら日常を送っていくかが、今の時代を生きるボクたちのテーマ。そのなかでカバンの中身もちょっと...
東京都が、3月4日に「新型コロナウイルス(COVID-19)」に関する情報を集約した公式対策サイトを開設。多方面から注目を集めている。
米・ニューヨーク州で、新型コロナの陰性やワクチン接種済みであることを証明できるデジタルパス「Excelsior Pass」が運用開始されている。
4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
岐阜県大垣市で枡の製造・販売を手掛ける「大橋量器」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅で飲む「宅飲み」を促す「わたしたちはコロナに負けずおうち時間...
新型コロナウイルスによって変わった人々の日常を、くすっと笑えるユーモラスなイラストにして紹介。
イスラエル発の音声分析会社「Vocalis」が、新型コロナウイルスを音声で診断するアプリを開発中。近い将来、声だけで病気を発見してくれるシステムが完成する...
日本では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「他者との距離=ソーシャルディスタンス」は2メートルが推奨されているが、じつははその「距離」に、国や地域...
「ブルガリ」がフレグランスや化粧品の開発でパートナーシップを組む「ICR社」と共同開発した、消毒剤を用いた「ハンドクレンジングジェル」。イタリア市民保健局...
世界中でいまだ収束の兆しがみえない、COVID-19の感染拡大。そんな未知のウイルスの感染拡大には「言語」が関係しているという仮説に基づいた研究が進められ...
国連は生態系の破壊が、動物の病気が人間に進入する危険性を高め、新型コロナウイルスのような感染症のパンデミックを頻発させる可能性を指摘した。
「LUSH」が、新型コロナウイルスの蔓延に伴い“手洗いサービス”を開放中。誰でも自由に利用することができ、商品を購入する必要はないという。