世界で注目されるコロナ対策「ソーシャルバブル」を知ってる?

新型コロナウイルス(COVID-19)の流行がきっかけで、ソーシャルディスタンスやパンデミックなどの新しい言葉やリモートワークなどの新しい生活スタイルが私たちの中に浸透しました。

そこで今、さらに新しい生活の“あり方”が提案され話題となっています。それが今回の記事のテーマである「ソーシャルバブル」

Withコロナ時代を生きる上で知っておきたいソーシャルバブルについて、早速みていきましょう。

ソーシャルバブルとは?

©iStock.com/Lifestyle

ソーシャルバブル(Social Bubble)は、日本ではまだあまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、abcNEWSやForbesなどの世界のメディアでは、6月下旬ごろからこのアイデアが頻繁に取り上げられています。

generally the term refers to family members or close friends who have assumed a collective risk by ‘sheltering in place’ together, or if they reside in different households, restricting close personal contact with anyone outside their selective group

(引用:How To Avoid Bursting Your Social ‘Bubble’ During The Coronavirus Pandemic/Forbes)

ソーシャルバブルとは、家族や友人などの一定人数のグループで同じ場所に滞在し、感染のリスクをそのグループ内のみにとどめようというアイデア。このグループを泡という意味を持つバブル(Bubble)にみたてて名付けられたのがソーシャルバブルなのです。

また、英語のBubbleには「夢のような計画、実体のない事業」というような意味もあり、このアイデアの実現可能性の厳しさを表現しているともいわれているのです。

なんでソーシャルバブルが注目されるの?

©iStock.com/pixelfit

新型コロナウイルスの感染対策のために、私たちのスタンダードとなったのが、他人と一定の距離を取る施策である「ソーシャルディスタンス」。スーパーではレジに並ぶ際に以前よりも間隔を広くあける、レストランでは座席数を制限するといった、感染予防策が実施されています。

しかし、このソーシャルディスタンスは完璧とは言えません。今まで当たり前に取れていた「フェイスtoフェイスのコミュニケーション」が取りづらくなってしまうといった欠点もあるのです。

仕事のミーティングはオンライン化され、友達と気軽に会うことも難しくなってしまった......。そのような状況下で、一人暮らしの方は社会との接点が減る傾向にあります。

また、高齢者の方の地域コミュニティへの参加も難しくなっており、孤独な生活を送っている方も少なくありません。新型ウィルスによって生み出された環境がメンタルに影響を及ぼす「コロナ鬱」という言葉まで叫ばれるように。

こうした問題を解決できるのではないかと出されたアイデアがソーシャルバブルです。ソーシャルバブルの考え方では、一定のグループで一緒に社会から距離をとります。そのため、1人感染者が出てしまったときの集団感染のリスクはあるものの、そのグループ内では、相互にコミュニケーションを取ることができるため、ある程度の社会性を保つことができるのです。そのためソーシャルバブルは、感染予防と精神安定の両立ができるアイデアと注目されているのです。

▼参考記事はこちら▼

ソーシャルバブルを取り入れている国

では、どのような国がソーシャルバブルを実際に取り入れているのでしょうか?

ベルギーのソーシャルバブル政策

多くの国でロックダウンが解除されてきた頃、ベルギーではソーシャルバブル政策を実施しました。その内容は、国民に10人の「ソーシャルバブル」を形成することを許可するというもの。週に1度、最大10人のグループでのコミュニケーションの場を設けることが、毎回同じメンバーで行うことを条件に可能となりました。ベルギー政府は7月にはこの人数を15人にするなど、ソーシャルバブルの大きさを調整することで、感染拡大をコントロールしています。

アメリカ西海岸のソーシャルバブル政策

アメリカ・西海岸のベイエリアでは、ソーシャルバブルを形成することが許可されています。詳しい内容はその街によって異なるようですが、12人以下のグループで3週間交流をすることを許可。そして、なるべく屋外での接触を推奨しているようです。サンフランシスコを初めとした、周辺地域で実施されています。

イギリスのソーシャルバブル政策

Support Bubble(サポートバブル)と呼ばれているイギリスのソーシャルバブルは、これまで紹介してきた他のソーシャルバブルと少し目的が異なります。イギリスのサポートバブルは一人暮らしの成人と 18歳未満の子供がいるひとり親の場合に、他の1世帯と一緒にバブルを形成して生活することができるというもの。だれでもバブルを形成できる訳ではないというところがポイントです。

まとめ

新型コロナウイルスという未知のウイルスとの戦いは、「ウイルスと一緒に生活する方法を考える」という未知の環境への挑戦でもあります。新しい生活様式となりえるベーシックインカムやコロナがきっかけでブームが再燃したドライブインシアターなど、改めて注目されている制度やサービスもたくさんあります。こうしたアイデアを知ることが、Withコロナ時代を幸せに生きるためのヒントとなればと思います。

▼参考記事はこちら▼

Top image: © iStock.com/piranka
コロナ渦の中で生まれた、新しい言葉をご存知ですか?いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回はコロナがきっかけで広がったソーシャルディスタンス、ソーシャ...
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
アムステルダムのヴィーガンレストラン「Mediamatic ETEN」はコロナ対策として屋外にダイニングスペースを新設。5月21日に営業を再開する予定だ。...
ドイツの職人による手作りのミニマル財布が応援購入サービス「Makuake」にて予約を受け付けている。
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」が「コロナ禍での借りて住みたい街ランキング」を発表。
今もっとも注目を集めているといっても過言ではないカリスマ的ラッパー、トラヴィス・スコットが発売した新商品が話題に。発売されたアイテムは、コットン100%の...
利用者個人の感染症対策はもちろんだが、やはり施設側の対策も気になるところ。
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
「ICONSPEAK」は、39のアイコンがプリントされているのが特徴だ。言葉の通じない場所でもコミュニケーションを取れるようにするために開発されたから、コ...
「Makuake」で販売中のフィットネスバイク「BIKEBOX」は、静音式で移動もカンタン、収納幅は11センチとコンパクトで家庭的だ。
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
まるで大きなタイヤのような形をした「Bumper Tables」は、真ん中に入るだけで自然と360度ソーシャルディスタンスが取れてしまうスグレモノ。
ソーシャルディスタンスがスタンダードな認識となってきた今、注目を集めているのがドライブインシアター。この記事では、ドライブインシアターの意味や歴史について...
今月6日、オランダのナイトクラブ「Doornroosje」が営業を再開。そのソーシャルディスタンシングのアイデアに注目が集まっている。
グローバルビールブランド「コロナ エキストラ」が、ブランドメッセージ「THIS IS LIVING」を体現した映像をリリースしました。いま、世界の人々に、...
1938年の創業以来、オリジナリティに長けたイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続ける「コロンビア」より、秋冬のキャンプ向けアパレルコレクションが発売。
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
日本でコロナが流行り始めた時期、トイレットペーパーの買い占めやマスクの入手困難などのニュースが、連日報道されていました。では、海外はどうだったんでしょうか...
おなじみの加藤容崇医師に、withコロナ時代のサウナ利用において注意すべき点を聞いた。
世界一の座を4度獲得したファインダイニングの代名詞的レストラン「noma」が、新型コロナウイルスによる臨時休業を経て5月21日、約2ヵ月ぶりに営業を再開。...
日本では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「他者との距離=ソーシャルディスタンス」は2メートルが推奨されているが、じつははその「距離」に、国や地域...
タイ・バンコクにあるベトナム料理店「Maison Saigon」が実施しているソーシャルディスタンス対策を楽しんでもらう方法のご紹介。
ローマを拠点にするデザイナーUmberto Menasci氏は、“アフターコロナ”の時代の新しいビーチの形として「SAFE BEACH」と題したデザイン案...