世界中から注文殺到?レストランのための「フェイスシールド」

「レストランで安心して食事ができる日はくるのだろうか.....?」とお思いの方に朗報。

プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。

特筆すべきは、その高いデザイン性。天井から吊り下げられたその姿は、まさにおしゃれなランプシェードそのもので、レストランの雰囲気を邪魔しない。

開発者のフランスのデザイナー Christophe Gernigon氏は、コロナ対策を試行錯誤するレストランのオーナーのために、この巨大ランプシェードを発案。「すでに市場にあるデザインは刑務所のブースのように見えたため、もっと魅力的でかわいらいしいデザインにしたかった」と海外メディアに語っている。

こちら、フランスベルギーカナダ日本アルゼンチンなど世界中から問い合わせが殺到しているとのこと。レストランの“素敵なコロナ対策”として注目である。

プラスチック製シールド「Plex'eat」
© Christophe Gernigon Studio, Veeren Ramsamy
プラスチック製シールド「Plex'eat」
©Christophe Gernigon Studio, Veeren Ramsamy
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
米国シアトルを代表する高級レストラン「Canlis」が3月上旬、SNSで新型コロナウィルスの対策による店舗の閉鎖と同時に発表したのは、新しいフードビジネス...
この記事では、様々なニーズに応えた「フェイスシールド」を紹介。暑い、息苦しい、メイクが崩れるといったマスクのお悩みを解決するだけでなく、UVカットやメガネ...
ニューヨークのデザイナーJoe Doucet氏は“サングラスと一体化したフェイスシールド”を設計。洗練されたデザインながらも顔を覆い隠すこのシールドは、マ...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
パリコレや東京コレクションでも活躍中。上下可動で、飲食や水分補給時でも取り外しが必要なく、バツグンの透明度を誇るフェイスシールドが登場。
「新型コロナウイルス」の影響による「Xenophobia(外国人嫌悪)」が米国で問題に。各州に存在するチャイナタウンにある多くのレストランから人足が遠のい...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。