「noma」がハンバーガーで営業再開!

世界一の座を4度獲得したファインダイニングの代名詞的レストラン「noma」が、新型コロナウイルスによる臨時休業を経て、5月21日、約2ヵ月ぶりに営業を再開した。

が、同店のスターシェフ、レネ・レゼピが先週Instagramに投稿したメニューとプランに世界のガストロノミーは、少なからず衝撃を覚えたはず。

なぜなら、そこにポストされたのは、あの独創的で芸術作品のような一皿ではなく「ハンバーガー」だったのだから......。

© reneredzepinoma/Instagram

期間限定ながらワインバーとして営業再開を決めた「noma」。湖を見晴らす屋外庭園で、メニューはチーズバーガーベジタリアンバーガーの2つで勝負するという。

ワインペアリングを含めれば一人500〜600ドル近い食事代にもかかわらず、世界でもっとも予約が困難と言われてきた「noma」が、ひとつ15ドルほどのバーガーで再出発するワケ。レゼピの言葉を借りるならこうだ。

「クレイジーで不確かな現代。再開するにあたりファーストステップはすべての人のためにオープンでありたい。まずは心を癒すためのワインでありバーガーである」

ファインダイニングの価値観さえ大転換させたコロナショック。革新的な料理よりも、外へ出て人と食事をすることが、今、世界中で求められていること。とはわかりつつも、noma 3.0がどう今後のガストロノミーに影響を与えていくのかにも注目していきたい。

Top image: © oleschwander/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

6月初旬、ニューヨーク市のデブラシオ市長は、路上や駐車場のスペースを活用しての飲食店の営業を許可する旨のイニシアチブを発表した。with/afterコロナ...
ワイキキ、カラカウア通りを臨む360度回転式レストラン「Top of Wikiki」が55年の歴史に幕を下ろした。コロナショックの影響が大きく、営業再開に...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
東かがわ市の老舗手袋メーカー「江本手袋」が手掛けるブランド「佩(ハク)」から、外出先でのコロナ対策に便利なアイテム「ハンドソックス」がデビュー。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...