「ソーシャルディスタンス」を楽しんじゃえ!アメリカのバーで採用されたユニークなアイテム

日本でも緊急事態宣言が解除され、少しずつ以前の日常にシフトしつつあるが、やはりまだソーシャルディスタンスは意識したいフェーズ。

とくに飲食店にとっては、営業を継続しながらお客さんの安全を守るのは大きな課題だ。

そんな悩みを解決してくれるかもしれない、アメリカのイベント会社が制作した「Bumper Tables」をご紹介。

まるで大きなタイヤのような形をしたこのアイテムは、真ん中に入るだけで自然と360度ソーシャルディスタンスが取れてしまうスグレモノ。4輪になっているため、自由自在に動くことが可能。もし誰かが「3密」になろうとしてきても、その大きなバンパーで弾き飛ばしてくれるのだ。

実際に「BumperTables」を導入した米・メリーランド州のバーでは、これを使ってもらうだけでお客さん同士が自然と6フィート離れてくれるので、スタッフが本来の業務に集中でき、作業効率にも寄与してくれているとか。

少し滑稽かもしれないが(笑)、楽しくソーシャルディスタンスできる素晴らしいアイデア。ぜひ参考にしたい!

© Cookist Wow/YouTube
Top image: © Event Revolution
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

タイ・バンコクにあるベトナム料理店「Maison Saigon」が実施しているソーシャルディスタンス対策を楽しんでもらう方法のご紹介。
日本では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「他者との距離=ソーシャルディスタンス」は2メートルが推奨されているが、じつははその「距離」に、国や地域...
人が多い夏場のビーチではまだ新型コロナウイルス(COVID-19)の感染リスクが気になるところ。そんな問題を解決するクリエイティブなアイテムを紹介。
5/26に緊急事態宣言が解除されましたが、油断は禁物。そこで海外で行われている素敵なソーシャルディスタンスのアイデアを覗いてみましょう!
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
バーを救うため「Heineken(ハイネケン)」が打ち出したキャンペーン「Back to the Bars」の動画には、感染防止対策を遵守する人々がお酒を...
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...