この時季しか味わえない「ピュアグリーン」なサラダ

あっという間に桜のシーズンが終わり、気持ちよさそうに陽を浴びる新緑が、初夏の訪れを知らせる今日この頃。Sara Jenkinsさんが「Food52」で紹介するのは、緑が美しい季節にぴったりな緑色のサラダです。

色とりどりのサラダもいいけれど、たまにはグリーンで染めてみるのはどう?最後にふりかけるペコリーノチーズ、こりゃ最高でしょ!

えんどう豆とアスパラと
そら豆のサラダ
〜ハーブとチーズを添えて〜

Photo by Bobbi Lin

地元の新鮮な野菜が手に入らない場合、私はさやを取ったそら豆を湯がき、それにえんどう豆か、さやえんどうを使います。アスパラガスも湯がいて、5センチ大に切りましょう。

<材料(4〜6人分)>

そら豆:1.3kg
えんどう豆(または湯がいたさやえんどう):1/2カップ
アスパラガス(太め):5本
ペコリーノチーズ:170g(私のお気に入りは、ほどほどに熟されたトスカナのペコリーノ)
海塩:小さじ1/2
黒コショウ:適量
エキストラ・バージン・オリーブオイル:1/4カップ
ミント、パセリ、ギシギシ、豆苗、タラゴン、チャイブ、ラべージのうち3つを使って作ったフレッシュハーブのミックス:2と1/2カップ

<つくりかた>

そら豆とえんどう豆をボウルに入れて混ぜます。アスパラガスの固い端っこを切り落とし、ピーラーを使って紙の薄さにスライスします。次にハーブの葉っぱを入れて、適当に砕いたペコリーノを散らします。塩、黒コショウ、オリーブオイルをふりかけてやさしく混ぜ合わせたらできあがり。

Written bySara Jenkins
Licensed material used with permission by Food52
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
奈良県の老舗パンストメーカーが開発した「TSUMUGI」のレギンスは、虫除け、冷却、UVカットに優れ、夏を快適に過ごせるアイテム。
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
「CAMP FIRE」にて支援募集中の持ち運び可能なモニター「TRIO」なら、手持ちのノートPCがトリプルディスプレイ化。テレワークでも生産性MAXで作業...
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第六弾は、山形・鋳心ノ工房発、「鉄」の置き型風鈴。950年以上の歴史を持つ伝統工芸でありなが...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第2回は、FORU GRANO...