おかずサラダで夏バテ予防

夏バテて食欲がわかないときは、冷たいうどんやそうめんくらいしか食べられない、なんて悲鳴をよく耳にします。けれど、それでは炭水化物に偏り、夏バテをいっそう悪化させる原因に。

そこで、管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダですから。

“おかずになる”サラダで
がっつり!

©FOOD CREATIVE FACTORY

たんぱく質を多分に含んだ食材とたっぷり野菜を入れた「おかずサラダ」は、ボリュームも満点、栄養バランスもバッチリです。その名の通り、これだけで十分おかずになるので、パンやごはんを添えるだけで満足感が得られます。

一色分の材料の目安は、片手1つ分のたんぱく質食材、野菜は両手いっぱいを心がけましょう。ここにナッツを散らせば、ビタミンやミネラルが加わってさらに栄養バランスがよくなりますよ。

材料:2人分

レタス:4〜5枚 
トマト:1個 
アボカド: 1個 
黄色パプリカ:1/2個
サラダチキン:2枚
クルミ:15g
ピザ用チーズ:30g

 

Aヨーグルト:大さじ3
Aエクストラバージンオリーブオイル:大さじ1
A醤油:小さじ2
A酢:大さじ1/2
Aおろしにんにく:小さじ1/2
Aコショウ:適量

作り方

【1】レタスは一口サイズにちぎる。トマト、アボカド、パプリカ、サラダチキンは2cm角程度に切って混ぜる。クルミは大きめに砕くほうが歯ごたえを楽しめます。

【2】Aを混ぜてドレッシングをつくる。

【3】深皿あるいはボウルにレタスを敷いて、トマト、アボカド、パプリカ、サラダチキンを盛り、ピザ用チーズ、クルミを散らし、食べる直前にドレッシングをかけ、よく混ぜてどうぞ。

Top image: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
体内から温めて、夏バテ知らずの体をつくる「ニンニクの味噌汁」はいかがでしょう。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。