アボカドフリークが考案した、オンリーワンなサラダ

こんがり焼いたトーストにアボカド、この組み合わせを聞けば、目に浮かぶのは「アボカドトースト」あるいは「サンド」でしょう。いずれにしてもサンドイッチの部類のはず。

ところが、ここに登場するメニューは、トーストもサンドもしてません。Emma Laperruqueによるハイブリッド料理。まあ、乗せてよし、はさんでよし、サラダになっても、当然良さそうですけどね。「Food52」よりどうぞ。

 

アボカドフリークならではの
オンリーワンな食べ方とは?

昨日の朝、会社のキッチンでアボカドトーストを作っていたら、「エマ!私も!」なんて言いながら私の同僚がカバンからアボカドを取り出してきました。

私たちのオフィスは、ざっくりいってしまえばアボカド大好き人間の集まりなのです。あるときは、朝食にアボカドトーストを食べて出社すると、不覚にもチームランチがアボカドトーストだったり。だって私たちが住むのは、“イッツ・アボカドトースト・ワールド”だから。

もちろん工夫もします。たとえばフェタチーズやフレッシュミントを乗せたり。あるいはアンチョビや茹で卵を乗せたり。レモンのピクルスにハリッサを乗せたり。以前勤めていたベーカリーでも、パンを作って、その上にマッシュしたアボカドやスライスしたきゅうり、ラディッシュをトッピングして地元産の濃厚なバターミルクを存分に注いでよく食べていました。

サンドイッチではなく、
サラダで食すアボカドとトースト

さて、これから紹介するものは、オープンサンドという原型にアレンジを加えたもの。

この「トスカーナ・パン・サラダ」は、きっとあなたが想像する通りの一品。材料はレタスの代わりにパン。それからたくさんのトマトにオリーブオイルとヴィネガーを付け足して、玉ねぎとバジルをプラスするのもおすすめ。冬の間は蓄えることばかり考えてしまうので、ちょうどアボカドトーストを食べているときにこのアイディアが頭に浮かんだんです。

それがアボカドトーストサラダです!

© Ty Mecham

【パン】スライスされているパンは薄すぎるのでおすすめしません。厚めのパンを不均等に手でちぎるのがベスト。耳はカリカリ、中はふわふわしているものを見つけましょう。

私は小麦をはじめ麦パンを選びますが、サワードウでもいけます。厚く切って、手でワイルドに裂きましょう。オリーブオイルをかけて、カリカリになるまでオーブンで焼きます。

【シード類】せっかくオーブンを使っているんだから、この際、種も焼いちゃいましょう。私のフェイバリットは、ひまわりの種かゴマ。でもナッツを選んだってOK。たとえば、くるみやピーカンナッツ。緑が欲しければ、ピスタチオもいいでしょう。

【野菜】きゅうり、ラディッシュ、赤玉ねぎ、これは私の定番トッピングです。もちろんお好みでトマトやパプリカ、生のままズッキーニ、バターナッツなんかも相性抜群。油漬けのオリーブやドライトマトもおいしいはず。

【フレッシュハーブ】これもお好みで。私はバジルとディル、それからパセリを使います。でもミントやタラゴン、オレガノでももちろんOK。

【ドレッシング】乳製品とアボカドは不思議な組み合わせに聞こえるかもしれませんが、意外と合います。フェタチーズやバターミルクを想像してみてください。これにレモン、オリーブオイル、ギリシャヨーグルトを合わせたドレッシング。いいでしょ?

Written byEmma Laperruque
Top photo: © Ty Mecham
Licensed material used with permission by Food52
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
森のバターことアボカドを使った商品は、いまでも多くの飲食店の稼ぎ頭。中でもハンバーガーショップでの貢献度の高さはピカイチでしょう。そう聞いて、いまあなたの...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
従来のものより、30%も脂肪をカットしたというのがこのアボカド。『Eurobanan』によると、脂肪がカットされているものの、その他の栄養素については変わ...
ピクルスと言えば、少し食感が固めの食材をイメージしがちですが、今回提案するのはアボガドのピクルス。聞いたことがないし、見たこともない人がほとんどだと思いま...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。