アボカド好きがアボカドをもっと
好きになるレストラン

朝はアボカドトーストで昼はアボカドサンドイッチ、午後にはアボカドスムージーを飲んで夜ももちろんAVOCADO!というほど、アレが大好きな人にオススメしたい、ロンドン発のアボカドレストラン。その名も「Avobar」。

これまでポップアップとしてオープンしていたものの、昨年末から、コヴェント・ガーデンに店を構えることに。アボカドを想起させるグリーンを基調にした店内では、アボカドづくしのメニューが用意されています!

トーストのトッピングやディップとしてすりつぶされた“王道”の姿はもちろん、チーズケーキやバーガーのバンズといった姿でも登場。間違いなく、まだ見ぬアボカドの可能性を知ることができるレストラン。普段食べ物の写真を撮らない人でも、スマホを構えてしまうかも。

©Avobar Ltd.
©Avobar Ltd.
©Avobar Ltd.
©Avobar Ltd.
Top image: © Avobar Ltd.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
「Avocado Vase®」は、ロンドンのILEX STUDIOが販売しているアボカドの栽培キットだ。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
新鮮なアボカドを外で食べたいというイギリス人学生の強い思いから生まれたのがアボカドを剥くためだけの道具「Avogo」。鋼製のコンパクトなこのツールは、アボ...
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...