「アボカドコーヒースムージー」で新しい一日のはじまりを

ベトナムに行くとアボカドシントー(スムージー)にベトナムコーヒーを注いだ「アボカドコーヒー」なるものに出会う。気絶しそうな組み合わせなんだけど、飲んでみるとこれが意外にウマイのである。

まとわりつくような湿気に脳細胞も味覚もやられてしまったわけじゃない。マーブル状になった液体をしっかり混ぜてからいただくと、ミルクコーヒーシェイクに近い味わいで、ちゃんと納得の掛け合わせであることに気づく。

アリエナイ組み合わせを
カラダは求めていた!

フィットネス、栄養管理コーチのAdam Rosanteが推奨するのは、加糖されたり、人工成分を加えない、ピュアなスムージー。それらを1冊の本にまとめた『SUPER SMOOTHIE REVOLUTION』は全米でベストセラーとなっている。

彼がすすめる21のスムージーのひとつが、あのアボカドコーヒーのグレードアップ版とでもいうべきもの。栄養補給と健康維持と、ハピネスを同時にかなえるスムージーレボリューションだ。

最高のハピネスを持続させる
Brand New Day Smoothie

表記はアメリカの軽量なので、日本のものよりは本来分量が多めだけれど、細かいことは気にしなくてOK。ざっくりと、何がどのくらい入っているかだけ覚えておこう。

<材料>

・ラズベリーまたはブラックチェリー(冷凍でも可):1/2カップ
・ギリシャヨーグルトまたはケフィア:1/2カップ
・ケールなどの緑黄色野菜なんでも:1/2カップ
・ドリップコーヒー:1/2カップ
・アボカド:1/4個
・ホエイ・プロテインパウダー(バニラ):1/3カップ
・チアシード:テーブルスプーン1杯
・シナモン:テーブルスプーン1/2杯

材料すべてと氷、水1/2カップを注いでミキサーにかけるだけ。 

Licensed material used with permission by super smoothie revolution
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
ロンドン発のアボカドレストラン「Avobar」。アボカドを想起させるグリーンを基調にした店内では、アボカドづくしのメニューが用意されています。まだ見ぬアボ...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...
従来のものより、30%も脂肪をカットしたというのがこのアボカド。『Eurobanan』によると、脂肪がカットされているものの、その他の栄養素については変わ...
簡単においしくつくれて、効率よく栄養補給もできる、いつものスムージーにぜひプラスしたい食材、それが「オイル」でした。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
ピクルスと言えば、少し食感が固めの食材をイメージしがちですが、今回提案するのはアボガドのピクルス。聞いたことがないし、見たこともない人がほとんどだと思いま...
アボカドだけでは濃厚なまま、そこにヨーグルトを加えることで、もったりからなめらかな口当たりに。
 「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを...
健康食材としてのアボカドの認知度は、今や疑いようのないもの。ところが、本当に栄養があるのは、なんと果肉よりも種なんだとか。ライターAlanna Ketle...
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...