今、大注目の「アボカドスイーツ」基本技を紹介!これだけ覚えておけば、アレンジは自由自在

アボカドの美容・健康効果は誰もが認めるところ。アレンジ次第で、いくらでもオリジナルレシピができてしまいます。「WonderHowTo」でライターBrady Klopfer氏が紹介するスイーツレシピは、濃厚でリッチなアボカドの滑らかさを最大限に活かしたもの。そうそう、アボカドのカロリーって、生クリームの約半分なんですよ。美味しくてヘルシー、もう言うことなし!

635719623696928967


すでに、みんなアボカドの魅力をよく分かっているはず。ワカモレにサラダにサンドイッチ…どんな味に調理されたって、主役はアボカド。あまり知られていないかもしれないけれど、この果物は、デザートとしても最高に美味しい食材なんですよ。コレを読んだら是非、あなたも作ってみてください。アボカドの魔力を改めて思い知らされるはずだから。ハチミツやアガベシロップ、もしくはメープルシロップの甘さを、濃厚でクリーミーなアボカドに加えた最高のデザート。もちろん、栄養も満点です。

ヘルシーだけじゃない
手間も時間も短縮!

健康上の利点を考えアボカドを使うことで、罪悪感の少ないデザートが作れます。菜食主義の「ヴィーガン」デザートよりも、こっちの方がよっぽど美味しいはず。
だって、卵・牛乳・バターを使わないヴィーガンのためのスイーツといったら、ドライフルーツみたいに乾燥したものや、シリアルバーのようにぎゅっと詰まった歯ごたえのものばかりで、なんとなく物足りなさを感じますよね。でも、アボカドを使うことで、独特のクリーミーさが生まれ、私たちの知っている、いわゆるデザートと変わらない食感になるんだから。

他にもアボカドを代用する利点があります。それは、時間を短縮できること。さらには、手間を省いて調理を簡単にできること。卵と違ってアボカドは加熱したり、泡立てたり、下準備をする必要がほとんどありません。もちろん、バターみたいに溶かす手間もなし。

食感を楽しむには
シンプルにこだわること

635719623460347825

どのスイーツを作るかによっても素材は変わりますが、アボカドの風味を残したいのであれば、シンプルなレシピにして、みずみずしい味わいをたのしむことも。私のおすすめは、あえてごろっとした食感を残して楽しんだり、もしくはクリーミーさを活かして楽しむこと。チョコレートやライムなどのパンチの効いた味を追加しても◎。

アボカドを
デザートに使う方法

635719623113914714

アボカドをデザートに使うのはいたって簡単。まずはプリンやパイからはじめて見ましょう。料理サイトを見ればアボカドの分かりやすいレシピもありますよ。もしくは、あなたのお気に入りをみつけて、そのスイーツにアボカドをとにかく加えてみること。
サイズ感とクリーミーさこそ命。まずはアボカドを知ることから。とにかく完全に熟したものを使うこと。他には何も差がありません。ちょっぴり古めのアボカドを使えば、ヘンテコな味になるし、まだ熟しきっていないモノを使うと、クリーミーさは得られません。

 ステップ1
材料を撹拌する

635719624772012102

まずはフードプロセッサーやブレンダーを使用してアボカドを滑らかにしましょう。そこに、アボカド以外の材料を入れて混ぜ合わせていきます。だいたい1分間、滑らかになるまで混ぜます。

ステップ2
必要に応じて調整する

635719624987810094

少し水分が多すぎるようなら、もしくは肝心なクリーミーさが足りていないと思うなら、さらに3分〜4分混ぜて完璧に滑らかにしましょう。

ステップ3
デザートを仕上げる

635719625255174587

もったりちょうどいい感じの滑らかさになったらば、アボカドデザートはもう目の前。もし、アイスクリームにしたいなら、このまま冷凍庫に。パイ生地の上に広げてオーブンで焼けばアボカドパイのできあがり。さらにプリンに仕上げるならば、ココットやグラスに移して、ホイップクリームをトッピングして完成!

635719625492224231

美味しくて栄養たっぷりで、そのうえ数分でつくれる簡単デザートです。もし、もっと楽しんでみたければ、友だちに作ってみて。でも、絶対に彼らが口をつけるまで、アボカドであることは秘密のまま。彼らの顔がほころぶまで、種明かしはガマンすること!

 Top Photo by : WonderHowTo 
Licensed material used with permission by How & Why to Use Avocado in Desserts Instead of Dairy via WonderHowTo

マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
コーチェラ・フェスティバル2018で伝説のパフォーマンスを見せたビヨンセ。その裏側では、こんなプロジェクトが進んでいたらしい...。
かぼちゃは、ぜひペーストにしておきましょう。小分けにして冷凍庫で保管すれば1ヶ月程度は日持ちがするので、使いたい時にさっと取り出して使えます。今回はさらに...
アメリカで開発されたフローティングベッド「Splash Runner」には、モーターが付いています。手でハンドルを操作すれば、自由自在に移動ができる仕組み。
日本には、かわいいおみやげがたくさん。本当は、各地に旅をしがてらゲットしたいところだけれど、今は辛抱の時だから。人気コーナー「日本のかわいいおみやげ」の中...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
健康食材としてのアボカドの認知度は、今や疑いようのないもの。ところが、本当に栄養があるのは、なんと果肉よりも種なんだとか。ライターAlanna Ketle...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
難易度は低めで最高に幸せになれる簡単スイーツレシピをまとめました。材料をのせたり順番に重ねていったりするだけでできるスイーツから、分量は覚えなくてもいいク...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」にたずさわるみなさまから、“...
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
Joy Bauerさんは、アメリカで活躍するカリスマ管理栄養士。NBCのTODAY's SHOWでは「栄養と健康」のコーナーを担当、ダイエット・食生活につ...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
サラダやドライカレーにトッピングするレーズンは見慣れていても、これをバルサミコ酢に漬け込むというのはあまり聞いたことがないかもしれません。甘酸っぱさが引き...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
ココナッツミルクを使った「ヴィーガンホイップ」が、いま密かにブームになっているんです。
「カルビー」のポテトチップスに新フレーバー「Potato Chips Salted Egg Flavor」が登場。全国の「ファミリーマート」の店舗にて数量...
「ネコリパブリック」が、かつて発売と同時に完売した話題のマスクの新デザインバージョンを再販。売り上げは保護猫カフェの運営に役立てられる。
多少大げさかもしれないけど、いまや新たな「国民食」になりつつあるパンケーキ。でも、アメリカンスタイルのふわふわばかりがパンケーキではありません。たとえば、...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
アボカドだけでは濃厚なまま、そこにヨーグルトを加えることで、もったりからなめらかな口当たりに。