調理時間5分!炊飯器に残ったご飯で「ライスミルク」

近年、急成長の植物性ミルク市場。牛乳の代替品といえば、ほんの少し前まで豆乳くらいだったのに、今じゃスーパーでもコンビニでも、「第3のミルク」「第4のミルク」が気軽に手に入り、カフェではミルクを選ぶ時代。

もう、牛乳アレルギーの人たちやヴィーガンのための代替ミルクではなく、消費者の好みや生活スタイルがミルクに反映される。そんな付き合い方ができるわけで。

となれば、「自分に合った植物性ミルクはどれか?」を見つけてみるのも一興。もっと楽しみたければ、自分で作ってみる!です。

これがびっくりするくらいカンタン。かた苦しいレシピも不要。なんたって、メイン食材と水さえあれば作れちゃうんですから。自分流のアレンジなんかも楽しい。

というわけで、2021年の新習慣。おうちで作る植物性ミルクをご紹介!

唯一無二のスッキリ飲み口
お米のミルク

©2021 NEW STANDARD

牛乳や豆乳に変わる「第3のミルク」なんて言われ方もあるようですが、日本人にはまだ馴染みの薄いライスミルク。もちろん、原料はお米です。

アレルギーでナッツや大豆、乳製品がダメな人向けに普及したミルクで、一般的には玄米(白米でもOK)を十分浸水してから攪拌して作りますが、生の米は消化によくなかったり、殺菌処理をしていないと食中毒の可能性も。

というわけで、家庭向けに炊飯器に残ったご飯を使ったレシピをご紹介。うん、これでも十分ライスミルクしてます(笑)

「米のとぎ汁と変わらない?」。いえいえ、豆乳やナッツ系ミルクにはない、あっさりした飲み口は、植物性ミルクにおいて唯一無二!

【用意するもの】

©2021 NEW STANDARD
  • ミキサー
  • ボウル
  • ザル
  • 計量カップ
  • ナッツバッグ(こし袋、ガーゼでもOK)
  • 保存瓶(ピッチャーでもOK)

【材料】

【用意するもの】

・残りものごはん:150g(だいたい1膳分)
・冷水:600ml

なめらかさは水分量で好みに調節できますが、基本は「ごはん:お水=1:4〜5」くらいが理想。少しとろみを残すならば、ごはんの量に対して水を4倍で。

【作り方】

ミキサーに残りものごはんと冷水600mlを入れ、30〜60秒ほど攪拌する。(ミキサーのパワーによって攪拌時間は調節してください)

©2021 NEW STANDARD

 ボウルにナッツバッグやこし袋をセットし、ミキサーの中身を注ぎながら水分とカスを分けていく。

©2021 NEW STANDARD

 ナッツバッグをやさしく絞り、カスの水分を出す。(強く絞りすぎてしまうとお米の粘り気が出てしまうため、時間をかけてゆっくりと)

 ピッチャーなどに移してできあがり。(日持ちがしないので、作った日に飲みきるようしてください)

★ちょい足しならコレ!★

©2021 NEW STANDARD

冗談ぬきで、ゆかりです。

結局のところ、ライスミルクは重湯ですからね。やっぱり、ここにちょっと味が欲しい。塩だけでは味気ないしってことで、思いついたのが「ゆかり」。シソの香りがいい感じにアクセントになり、塩気もほどよくて◎。日本人のDNAに共鳴する味になりますよ(笑)

めちゃくちゃカンタンでしょ?

前の晩に浸して翌朝しぼる。同じ製法でいろんな植物性ミルクが自宅で作れてしまう。レパートリーが増えれば、毎日違うミルクで“朝活”なんてことも。

というわけで、まだまだ気になる植物性ミルクを紹介していきますよー!

Top image: © Guiyuan Chen/Shutterstock.com

関連する記事

「時間をかけずに適量のご飯を炊きたい」。そんなオーダーに応えてくれる炊飯器「おひとりさま専用高速弁当箱炊飯器」が「サンコー」より発売。
知っておきたい植物性ミルクの基本から、第4、第5のミルクとして今後注目されるネクストミルクまでをご紹介!
まさに炊飯革命。わずか8分でお米が炊けるという“未来の炊飯器”が「Makuake」に登場。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...