今、最注目の植物性ミルクは「ひまわりの種ミルク」

近年、急成長の植物性ミルク市場。牛乳の代替品といえば、ほんの少し前まで豆乳くらいだったのに、今じゃスーパーでもコンビニでも、「第3のミルク」「第4のミルク」が気軽に手に入り、カフェではミルクを選ぶ時代。

もう、牛乳アレルギーの人たちやヴィーガンのための代替ミルクではなく、消費者の好みや生活スタイルがミルクに反映される。そんな付き合い方ができるわけで。

となれば、「自分に合った植物性ミルクはどれか?」を見つけてみるのも一興。もっと楽しみたければ、自分で作ってみる!です。

これがびっくりするくらいカンタン。かた苦しいレシピも不要。なんたって、メイン食材と水さえあれば作れちゃうんですから。自分流のアレンジなんかも楽しい。

というわけで、2021年の新習慣。おうちで作る植物性ミルクをご紹介!

小さなボディに栄養びっしり
ネクスト植物性ミルク

©2021 NEW STANDARD

植物性ミルクは数あれど、ひまわりの種(サンフラワーミルク)はまだあまり耳にしませんよね?でもね、欧米では次なるベジミルクとして注目度も高く、市販のものだけでなく、自宅でフレッシュなサンフラワーミルクを楽しんでいるようです。

小さな粒の中には栄養がびっしり。アンチエイジングの観点からも注目されるこの種を使ったミルク作りにチャレンジしてみましょう!

©2021 NEW STANDARD

【用意するもの】

  • ミキサー
  • ボウル
  • ザル
  • 計量カップ
  • ナッツバッグ(こし袋、ガーゼでもOK)
  • 保存瓶(ピッチャーでもOK)

【材料】

・ひまわりの種:100g
・冷水:300ml
・塩:ひとつまみ

【作りかた】

 ボウルにひまわりの種を入れ、塩をひとつまみ、種がしっかり水につかるよう水を加える。冷蔵庫で一晩(だいたい8時間ほど)ねかせる。

 ザルにをあけ浸した水を捨てる。

©2021 NEW STANDARD

 ミキサーに②と冷水を入れて30〜60秒攪拌する。(ミキサーのパワーで調節してください)

©2021 NEW STANDARD

ボウルにナッツバッグやこし袋をセットし、ミキサーの中身を注ぎながら水分とカスを分けていく。

©2021 NEW STANDARD

ナッツバッグをやさしく絞り、カスの水分を出す。

 ピッチャーなどに移してできあがり。(日持ちは冷蔵庫で2〜3日です)

★ちょい足しならコレ!★

©2021 NEW STANDARD

コーヒーとの相性はなかなかです。濃いめにドリップしたコーヒーを用意して、カフェ・オ・レならぬ「カフェ・オ・サンフラワーミルク」なんてどうでしょう? ソイミルクよりさらにスッキリした飲み口。朝のお目覚めにぴったりですよ。

めちゃくちゃカンタンでしょ?

前の晩に浸して翌朝しぼる。同じ製法でいろんな植物性ミルクが自宅で作れてしまう。レパートリーが増えれば、毎日違うミルクで“朝活”なんてことも。

というわけで、まだまだ気になる植物性ミルクを紹介していきますよー!

Top image: © iStock.com/nbstockphoto