今、注目すべき次世代ミルクは「ピーミルク」だ

近年、急成長の植物性ミルク市場。

牛乳の代替品といえば、ほんの少し前まで豆乳くらいだったのに、今じゃスーパーでもコンビニでも、「第3のミルク」「第4のミルク」が気軽に手に入り、カフェではミルクを選ぶ時代。

もう、牛乳アレルギーの人たちやヴィーガンのための代替ミルクではなく、消費者の好みや生活スタイルがミルクに反映される。そんな付き合い方ができるわけで。

となれば、「自分に合った植物性ミルクはどれか?」を見つけてみるのも一興。もっと楽しみたければ、自分で作ってみる!です。

これがびっくりするくらいカンタン。かた苦しいレシピも不要。なんたって、メイン食材と水さえあれば作れちゃうんですから。自分流のアレンジなんかも楽しい。

というわけで、2021年の新習慣。おうちで作る植物性ミルクをご紹介!

植物性ミルク界のニューカマー
「ピーミルク」に挑戦!

©2021 NEW STANDARD

豆からできたミルクといえば、豆乳を思い浮かべるはず。大豆を使った植物性ミルクの代名詞。けれど、大豆のほかにも豆を使ったミルクが欧米で注目されているんです。それが、えんどう豆。ピーミルクです。

「グリーンピースは苦手」なんて人もいますが、ピーミルクをはじめえんどう豆を原料とするピープロテイン商品は、もはや昨今のトレンド

ヘルスコンシャスに意識の高いあちらの人たちからすると、生産過程において水の使用量が牛乳や大豆、ナッツ類などに比べて圧倒的に少なく、さらに遺伝子組み換え作物で農薬を使って育てられる大豆から作るソイミルクより、こちらに軍配が上がるようで。アレルギーフリーというのも魅力ですよね。

というわけで、この大地の恵みをギュッと絞っていただきましょう!なお、今回は青えんどう豆を使ったレシピをご紹介。

【用意するもの】

©2021 NEW STANDARD
  • ミキサー
  • ボウル
  • ザル
  • 計量カップ
  • ナッツバッグ(こし袋、ガーゼでもOK)
  • 保存瓶(ピッチャーでもOK)

【材料】

【用意するもの】

・青えんどう豆:100g
・水:400g

今回は青えんどう豆を使いますが、赤えんどう豆や輸入ものの黄えんどう(スプリットビーンズ)などでもOK。同じレシピで試してみて。

【作り方】

ボウルにえんどう豆と水を入れ、冷蔵庫で一晩(8時間ほど)寝かせて豆を浸す。

ザルにをあけ浸した水をきり、軽くすすぐ。

©2021 NEW STANDARD

ミキサーにと冷水400gを入れ、45〜60秒ほど攪拌する。(ミキサーのパワーで攪拌時間は調節してください)

©2021 NEW STANDARD

 ボウルにナッツバッグやこし袋をセットし、ミキサーの中身を注ぎながら水分とカスを分けていく。

©2021 NEW STANDARD

ナッツバッグをやさしく絞り、カスの水分を出す。

 ピッチャーなどに移してできあがり。(日持ちは冷蔵庫で2〜3日です)

このまま絞りたてを飲むこともできますが、ややエグみが強く、青汁のよう。「少し飲みにくいな」と感じるようならお鍋に移して沸騰しない程度に温めてみてください。エグみが消えて飲みやすくなりますよ。

ちょい足しならコレ!

©2021 NEW STANDARD

てことで、お塩です。

人肌に温めてからいただくと、ほとんど豆乳。そこにお塩をひとつまみ。台湾の朝食でおなじみ鹹豆漿(しょっぱい豆乳)のような味わいに変化しますよ。

めちゃくちゃカンタンでしょ?

前の晩に浸して翌朝しぼる。同じ製法でいろんな植物性ミルクが自宅で作れてしまう。レパートリーが増えれば、毎日違うミルクで“朝活”なんてことも。

というわけで、まだまだ気になる植物性ミルクを紹介していきますよー!

Top image: © Naoko Kakuta / Stocksy United.

関連する記事

知っておきたい植物性ミルクの基本から、第4、第5のミルクとして今後注目されるネクストミルクまでをご紹介!
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
サステイナビリティやSDGsで注目されている環境に優しい植物性ミルク「オーツミルク」。味は?健康やダイエットへの効果は?さまざまな疑問にお答えします。
「アディダス ジャパン株式会社」と「オールバーズ合同会社」が、コラボレーションによるランニングフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を発表。
健康志向の高まりとともに注目を集めている「プラントベース」。ベジタリアンやヴィーガンとの違いやプラントベースのメリットなどについても解説していきます。
今、世界中で増加する「ヴィーガン」を取り巻くさまざまな動きについて、知っておくべきことをまとめて紹介。ヴィーガンに向けた刺身、卵、ホテル、レシピ本、ファッ...
コーチェラ・フェスティバル2018で伝説のパフォーマンスを見せたビヨンセ。その裏側では、こんなプロジェクトが進んでいたらしい...。
「ABCクッキングスタジオ」より、新たにスタートした食品ロス削減のためのレッスンプログラム。料理教室のSDGsアクションに注目。
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
ディズニーが「ピーナッツバター・アンド・ジェリーミルクシェイク」の公式レシピを公開!
環境や社会に優しい消費行動をした人ほど値引きなどを受けられるというサービス「SDGsマイレージ」制度が今年の春よりスタート。
近年、美容や健康にココナッツが大注目。オイルやミルクが当たり前のように手に入るようになってきました。で、そのココナッツブームとともに日本に入ってきたのが「...
「ゴールデンミルク」を作ってみたら意外と簡単!むしろ簡単すぎて、物足りなさを感じるくらい。
国連が掲げる「SDGs」の認知度を高めるプロジェクト「SDGs×マンガのチカラ」が発足。発起人である浜田ブリトニーのもとに17名の有名漫画家が大集結。SD...
ココナッツミルクを使った「ヴィーガンホイップ」が、いま密かにブームになっているんです。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
イラストでSDGsの17の目標を表現した展示会「本田亮SDGsユーモアイラスト原画展~楽しく知る世界を変える17の目標~」が、10月1日〜16日、東京・青...
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
「ヴィーガン」人口の増加に伴い増えている、注目の「ヴィーガン向け商品」をまとめて紹介。馴染み深いスイーツ商品やドリンク、化粧品などにもその波は及ぶ。ヴィー...
2021年3月18日、「IKEA Canada」は、家庭での食品リサイクルを目的にした廃棄食品のレシピ本「The ScrapsBook」をリリースした。カ...
ニュージーランド南島サウスランド地方に、国内初となる植物ベースのミルク工場がまもなく開業する。
「ヴィーガン」は食品に限った話ではありません。いまの時代を生きるうえで欠かせない、ヴィーガンフレンドリーなあれこれをまとめてみました。
「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...