今、世界で話題のナッツミルク「ピスタチオミルク」

近年、急成長の植物性ミルク市場。牛乳の代替品といえば、ほんの少し前まで豆乳くらいだったのに、今じゃスーパーでもコンビニでも、「第3のミルク」「第4のミルク」が気軽に手に入り、カフェではミルクを選ぶ時代。

もう、牛乳アレルギーの人たちやヴィーガンのための代替ミルクではなく、消費者の好みや生活スタイルがミルクに反映される。そんな付き合い方ができるわけで。

となれば、「自分に合った植物性ミルクはどれか?」を見つけてみるのも一興。もっと楽しみたければ、自分で作ってみる!です。

これがびっくりするくらいカンタン。かた苦しいレシピも不要。なんたって、メイン食材と水さえあれば作れちゃうんですから。自分流のアレンジなんかも楽しい。

というわけで、2021年の新習慣。おうちで作る植物性ミルクをご紹介!

ナチュラル派にオススメ
世界で注目のナッツミルク

©2021 NEW STANDARD

話題のナッツミルクのなかでも、最近、アメリカを中心にがぜん注目度が高いピスタチオミルク。まだほとんど日本では見かけませんが、2021年、ネクストミルクとしてチェックしておきたいところ。

「ナッツの女王」と呼ばれるピスタチオには、ビタミンBカリウム不飽和脂肪酸などが豊富に含まれています。

ジェラートやケーキに使われるわけですから、これがミルクになって相性悪いワケがない!さっそく、薄もえぎ色のキレイな仕上がりを目指して作っていきましょう!

【用意するもの】

©2021 NEW STANDARD
  • ミキサー
  • ボウル
  • ザル
  • 計量カップ
  • ナッツバッグ(こし袋、ガーゼでもOK)
  • 保存瓶(ピッチャーでもOK)

【材料】

・ピスタチオ:150g
・冷水:500g

面倒でも、ピスタチオの皮をむいておくと、仕上がりのミルクの色味がキレイになります。有塩のものでもミルクはできますが、ピスタチオそのもののおいしさを味わうなら、ダンゼン無塩タイプがおすすめ!

【作り方】

 ボウルにピスタチオと水を入れ、冷蔵庫で一晩(だいたい8時間ほど)ねかせる。

 ザルにをあけ浸した水を捨てる。

©2021 NEW STANDARD

ミキサーにと冷水500gを入れ、45〜60秒ほど攪拌する。(ミキサーのパワーで攪拌時間は調節してください)

©2021 NEW STANDARD

 ボウルにナッツバッグやこし袋をセットし、ミキサーの中身を注ぎながら水分とカスを分けていく。

©2021 NEW STANDARD

ナッツバッグをやさしく絞り、カスの水分を出す。

 ピッチャーなどに移してできあがり。(日持ちは冷蔵庫で2〜3日です)

★ちょい足しならコレ!★

©2021 NEW STANDARD

マーマレードがおすすめ。

甘さをプラスするというよりは、柑橘の爽やかさを加えることでキレよく風味よく、飲みやすく変化させる。フレッシュジュースだと酸味が強いので、マーマレードジャムがちょうどいい感じ。

めちゃくちゃカンタンでしょ?

前の晩に浸して翌朝しぼる。同じ製法でいろんな植物性ミルクが自宅で作れてしまう。レパートリーが増えれば、毎日違うミルクで“朝活”なんてことも。

というわけで、まだまだ気になる植物性ミルクを紹介していきますよー!

Top image: © iStock.com/Julia_Sudnitskaya