「酪農」か「代替ミルク」か、ニュージーランドで「ミルクの選択」

ニュージーランド南島サウスランド地方に、国内初となる植物ベースのミルク工場がまもなく開業するそうだ。

昨今の植物性ミルクの隆盛を考えれば……さしてビッグなニュースとは思わない、かもしれない。でも、ちょっと思い出してみて。ニュージーランドといえば「酪農」がもっとも輸出規模が大きい、主要輸出品目。輸出全体の26%以上を占める。

この酪農大国にも、近年代替ミルクの波が押し寄せ、国内需要もうなぎ登りだという。これを受け、サウスランドの地域開発機関「Great South」は、新会社を設立。現在、工場併設の植物性ミルクプラントを建設中だそう。オート麦、えんどう豆、麻などを中心に栽培、自社工場でのミルク生産まで秒読みの段階だ。

ところで、これまで多くの植物性ミルクは輸入品に頼っていたニュージーランド。国内ブランド「Otis Oats Milk」でさえ、国内で収穫したオーツ麦を自社で粉砕したあと、いったんスウェーデンにそれを送り、ミルクへと加工。逆輸入というかたちで販売をしていた。

それを一気通貫でまかなえる。カーボンフットプリントの観点からも、断然こちらのほうが自然だろう。

なるべくしてなった、できるべくしてできたネクストミルクのための農場。今後は、酪農との共存をいかに成していくのか。海の向こうの国の話ではあるが、関心をもっていきたい。

Top image: © iStock.com/zhaojiankang
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

知っておきたい植物性ミルクの基本から、第4、第5のミルクとして今後注目されるネクストミルクまでをご紹介!
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...