人生の最期に口にした「忘れじのミルクシェイク」

「もし人生の最期が近づいていて1つだけ願いを叶えられるとしたら、どんな事を願いますか?」

想像してみてください。大きなことでも小さなことでも何でも構わないので。ただ1つ意識してほしいのは、あなたにとってそれが最後の願いだということ。

アメリカのクリーブランド出身のEmily Pomeranz(50)さんの場合、それは意外にも育ってきた土地を思い出させてくれるある飲み物でした。

あのミルクシェイクを
もう一度だけ飲みたい

Emilyさんが最後の願いを言うことになった理由。

膵臓がんを患い闘病するも、なす術なくバージニア州のホスピスで人生の残りの時間を静かに過ごしていたからです。そんな折、高校時代の友人Sam Kleinさんが見舞いに訪れました。

少しでも元気にしてあげたい、「何か欲しいものはある?」と尋ねたSamさん。最初は地元野球チームの帽子が欲しい、なんていうやりとりをしていたものの、ある日「Tommy'sのモカミルクシェイクが飲みたい」とポツリ。きっとEmliyさんは、自力ではもうクリーブランドへ戻れないと悟っていたのでしょう。

Tommy'sとは、クリーブランドの人たちに愛されている地元のレストランだそう。美味しいご飯とミルクシェイクが名物。でも、ここである重大な問題が…。

移動距離600キロ
やさしさを運ぶ大作戦

友人の願いを叶えてあげたい気持ちは山々。ただ、Samさんが頭を悩ませたのは、レストランからホスピスまで375マイル(約600km)の距離の壁。1人では解決できないこの問題、まずはTommy'sに直接問い合わせをして、打開策を探ることに。すると数日後一本の電話がSamさんの元に。

受話器の向こうで話す相手はレストランのオーナーでした。なんとかしてEmilyさんの元へと、モカミルクシェイクが届くように約束をすると、運送会社のオフィスを訪れるなどして飲み物を運ぶ手配を買って出てくれたのです。

そうして…。

忘れじのミルクシェイク、まさか届くと思っていなかったEmilyさんは大喜びで記念撮影。

飲みながら子ども時代を思い出したのでしょうか。それとも幸せな気分にひたり、ほっと安心できたのでしょうか、それは彼女にしかわかりません。

こうして、Emilyさんは息を引きとりました。
7月末の出来事です。

人生最期に見せた写真の中の輝く笑顔。たかがミルクシェイク、されどミルクシェイク。彼女の切なる願いに一生懸命になってくれた人たちの優しさがとけ込んだ一杯は、私たちに本当に大切なことはなにかを、教えられた気がします。

Licensed material used with permission by Sam Klein
「ゴールデンミルク」を作ってみたら意外と簡単!むしろ簡単すぎて、物足りなさを感じるくらい。
『キャドバリー』の「デイリーミルク」!
ウコンは、「お酒のお供」なだけじゃない。美への近道切符だ。
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外。おいしい発見がありました。
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
ちょっと大きめで2人用の鍋のイメージで使える。
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
アンデルセンやグリム童話のワンシーンを思い出すような写真。見ていると、何かが始まりそうなドキドキした気持ちになります。ただ単純にキレイとか美しいだけじゃな...
お店に行くと、ずらっと棚に並んでいるチョコレート。よく見かける「ダーク」と「ミルク」だったら、あなたはどちらを選びますか?恋愛系の記事で人気の女性ライター...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
認知症の一種である「アルツハイマー病」は、記憶や思考力が徐々に失われ、最終的には日常生活に必要な作業すら困難になっていく病気。私たちが忘れられない瞬間、忘...
近年、美容や健康にココナッツが大注目。オイルやミルクが当たり前のように手に入るようになってきました。で、そのココナッツブームとともに日本に入ってきたのが「...
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
近年、欧米でも流行中のCold Brew(コールド・ブリュー)。カフェで聞こえてくる注文は、もっぱら「コールド・ブリューちょうだい」だ。日本でも専門店はも...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
「釣りみたいなものは他にない。釣れなくてもいいんだ。外に出るのはいいことだよ。私はもうすぐガンで死ぬと知っているけれど、行ける限り釣りに出かけたい」。人生...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
誰だって、つらい経験をし、自分の人生に絶望してしまいそうになることがあります。しかし、どんなにつらいことでもいずれ終わりが来ます。そして私たちは、そこから...
旅には、人生が凝縮されています。
食べ物で性格を言い当てる、「Elite Daily」名物ライターGigi Engle氏が、なにやら気になる分析を記事にしました。チョコレートの好みで女性の...
健康志向のニューヨーカーたちが集まり行列ができるという、アンガスビーフ100%のハンバーガー。でも、素材にこだわっているのはそれだけじゃありません。アイス...
「シェイク シャック」は、発祥の地アメリカはもちろん、世界9ヶ国に熱狂的なファンを持つハンバーガーブランド。健康的に飼育されたアンガスビーフ100%のハン...