彼女が死ぬ前に残した「人生のアドバイス」に世界が涙した。

私はまだ、死にたくない。自分の人生が大好きなの。

だけど、それは叶わないこと。

 

それは1月のことでした。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。

自分の“命の期限”を知った彼女の最期の言葉。Facebookに残された「人生のアドバイス」が世界中で話題となりました。今回は、Hollyさんの言葉の中から、8つを選んで紹介します。

01.

自分の人生を小さく意味のないものにしてはいけない。ストレスに支配されてほしくないの。誰もが同じ運命のもとを歩いていることを思い出してほしい。

与えられた時間を素晴らしく価値のあるものに。これまで、くだらないことで文句をいっていた時間を、深刻な問題に直面している人たちのことを考える時間にしてみて。そうすれば、自分の抱えてる問題がちっぽけであり、ありがたいことであると気がつくから。それで、嫌なことはきっぱりと忘れるの。

何か嫌なことがあっても、誰かの“幸せな一日”まで奪ってはダメ。

02.

仕事がイヤだとか、理想の体型を目指して運動するのが大変だとか。こんな文句をよく耳にするけど、それだけあなたのカラダは健康なの。感謝しなきゃ。

どれも、カラダが動かなくなるまでの話なんだから。ちゃんと健康であることに、自分のカラダに感謝して。自分のスタイルに満足できなくても、どうか大切にして。素晴らしいことを全身で堪能するの。

03.

与えて、与えて、与えるの。

とにかく、人のために何かをすること。そうすれば、「自分のため」よりも多くの幸せを得ることができるのは本当の話。私はもっとそうするべきだった。

癌が見つかってから、家族や友達だけじゃない素晴らしく優しい人たちに出会うことができた。知らない人たちからの、愛のこもった言葉やサポートを受ける側になった私。どうしても、お返ししたかったのだけど、それは難しかった。

でも、私は決してこのことは忘れない。永遠に感謝し続けるわ。

04.

お金は“経験”に使うこと。

お金をよくわからないものに使ってしまい、本当にやりたかったことができないなんてことがないように。たとえば、ずっと前から行きたいと思っていたビーチへ行くためにお金を貯めるとかね。足を水につけて、砂に潜り込ませるの。それから、顔を海水につけるの。

05.

スマホのスクリーンを通して、“その瞬間”を撮るのはやめよう。その瞬間、そこにいることを楽しむようにするの。

人生は、スマホのスクリーンを通して見て、生きるものではないのだから。

06.

どうか、誰かが考えた誰かを満足させる生き方をしないで。そして、そのことをプレッシャーに感じて、せっかくの人生を台無しにしないで。

自分が「平凡な人生」で良いって思うなら、それで良いじゃない!

07.

愛している人たちには、できるだけ「愛している」と伝えてね。

生きているうちに、全力で愛すること。

08.

これが、最期のアドバイス。できることなら、人のために善い行いをしよう。

そして、定期的に献血をするように。自分も良いことしたって気持ちいいし、誰かの「命を救う」ことができるっていうオマケ付き。

数えきれない人の献血のおかげで、私は1年も多く生きることができたから。この星で、家族、友達、愛犬と共に過ごすことができたことを、ひたすら感謝し続ける1年。人生の中でも最高の時間を過ごすことができた特別な1年だった…。

 

 

 

 

それでは、また会う日まで。

 

 

 

 

Holly Butcher

 

Licensed material used with permission by Dean Bucher

おすすめ記事

乳がんを患い、人生だけじゃなく夢にまでみた愛する人との「結婚」まで危うくなったHeatherさん。しかし彼女は最後まで諦めませんでした。周囲の助けもあり、...
旅には、人生が凝縮されています。
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
格好良さ、機能性ありき。そのうえで環境に配慮されているサステイナブルなファッションブランドを3つピックアップ。
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
「ぎふコーラ」というクラフトコーラが、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で話題になっている。
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
息子のTaggartくんを養子に出したHannahさん。最初は悲しみに暮れていたものの、Taggart君を引き取った夫妻に自身も家族同然に受け入れられ、今...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
ロンドンで生まれた「Death Cafe(デスカフェ)」という文化は、知らない誰かとケーキを食べたりお茶を飲みながら、誰もが迎える人生の最期の時「死」につ...
今月11日の「カミングアウトデー」にクッキーブランド「オレオ」が1本のショートフィルムを公開した。
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気...
25歳までに蓄えた経験という名の財産は、この先の人生を大きく左右することでしょう。もちろん、いくつになっても人は成長し続けるし、変化していける。早いうちに...
学生時代の苦い経験から、ガラッと180度人生を回転させた女性がいます。『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』(アスキー・メディアワ...
ブロガーVishnu Subramaniam氏は断言します。この世には、鵜呑みにしてはいけない「7つの嘘」があると。じつは彼、数年前に人生のどん底を経験し...
「自分の人生を愛している人」が大切にする10の考え方をご紹介。ほんの些細なことで人生が変わるかもしれません。
Mt.Fuji photographerの成瀬亮さん。彼はどこにでもいる普通のサラリーマンだったが、4年前に山中湖で「富士山」を目の当たりにして人生が変わ...