人生経験が豊富になるほど、頭の回転が遅くなるのはなぜ?

年齢を重ねることで低下すると考えられてきた認知能力ですが、実は情報過多で脳がフリーズしていた…、そんな驚きの研究が発表されたようです。

情報が多すぎて
脳の働きが間に合わない!

0f3ad530e41e6108e823eb9af005b94673cc28d5

考えるべきことが多すぎて、フリーズ気味になることもあるものですが、実はお年寄りの脳の中でも同じようなことが起きているのだとか。

WILEY」に掲載されている、独・エバーハルト・カール大学テュービンゲンのマイケル・ラムスカー博士率いる研究チームの調査結果によれば、知識や経験が蓄積すればするほど、認知能力に混乱を与えてしまうことがわかったそう。一般的に「人間の認知能力は成人後徐々に衰退する」と言われてきましたが、単純にそうとも言い切れないのだとか。

能力は変わってない
ただ、知識量が増えただけ

研究チームは、コンピュータープログラムを使って人間が日々物事を学んでいく過程をシュミレート。すると、データの量が人間の生涯分に達した時、プログラムの処理能力が"重くなった"ことを発見したのだそう。

つまり、データベースが大きくなればなるほど、より多くの情報を処理する必要が発生し、確認プロセスも増えるため、結果的に処理速度が低下。これが人間の脳にも当てはまるのではないか、という考えです。

誕生日2,000人分覚えたとしても
思い出すのには時間がかかる

8ced3fd79bb199224066e1fe728fe519e6cde6df

動作が重くなった原因は、コンピューターの能力が低下したのではなく、処理を行うデータ量が増えたことによるもの。これは、誕生日は2人くらいまではすぐに覚えることができますが、2,000人ともなれば、たとえ覚えたとしてもどの人の誕生日がいつなのかを照合するのに時間がかかってしまう、という理論。

人生経験という名の情報が多くなればなるほど混乱も生まれやすくなるという今回の研究結果。知識を積んだだけ頭の回転が遅くなってしまうというのは、なんともジレンマを感じてしまう話ですね…。

Reference:WILEY
、認知能力をあげ、頭の回転を早くするための「栄養バー」なるものの存在を知ってますか?
欲しがればいつだってお菓子をくれたり、親よりも甘やかしてくれたり。人生経験が豊富な分、鋭いアドバイスをくれることも。いつでも優しく見守り、大きな愛で包み込...
最近本気が出ない!とこぼしているそこのあなたへ。「I Heart Intelligence」に掲載された、脳の本領を発揮し機能の向上が期待できる9つの方法...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
アメリカの研究によれば、白昼夢を見る人は、高い知性と創造性を兼ね備えている可能性があるそうです。具体例を用いながら、この研究結果を解説します。
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
最近のおじいちゃんやおばあちゃんは、とってもパワフル!見ているだけで元気がもらえて、ポジティブな気分になります。ここでは、いくつになっても挑戦を続ける元気...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
大好きなものを、大好きな人と一緒に食べることが、じつは一番の健康法なのかもしれません。米・ワシントン州に、それを体現しているかのような可愛らしい夫婦がいま...
「遊んでばかりいないで宿題やんなさい!」と怒られた記憶のある人も多いかも。でも、ゲームが上手い人程、頭がいいという理論は、いろいろな調査によって確かになり...
描いているのは、ブラジルに住む韓国人のおじいちゃん。孫たち(12歳のArthur、11歳のAllan、2歳のAstro)は、韓国とニューヨークに住んでいて...
「てっとり早く頭が良くなる方法はないかなぁ」なんて考えるのはバチあたりのように思えるかもしれません。が、北米放射線医学学会の研究で、色素の一種である「メチ...
「頭の回転が速い人=賢い人」というイメージがあるかもしれません。恐らく、そういう人になりたい、どういった訓練をすればなれるのだろう?と考えていることも多い...
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
私が知る限り、ユーザーの言葉を認識して、言われたことに対してキチンと操作・実行するというのが音声アシスタントのイメージ。なのに、B-Reelが開発した「S...
茂木さんの著書『脳を使った休息術』(総合法令出版)は、そのタイトル通り、「いかに脳を休ませるか」について書かれた本。こちらは、今までとは少し趣向が違うこと...