敬老の日に噛みしめたい「27のメッセージ」

欲しがればいつだってお菓子をくれたり、親よりも甘やかしてくれたり。人生経験が豊富な分、ときには鋭いアドバイスをくれることも。いつでも優しく見守り、大きな愛で包み込んでくれるおじいちゃんおばあちゃんは、誰にとっても最高の存在です。

Rachel Chapmanさんは「Elite Daily」で、敬老の日に噛みしめたい名言を紹介してくれています。感謝の気持ちを伝えるのは、今からでも決して遅くはありませんよ。

01.

「おじいちゃんおばあちゃんは子どもにとって、ビタミンと同じくらい必要なものだ。まるでヒーローみたいにね」

02.

「祖父母とは、ときに親、ときに教師、そしてときに良き友だちである」

03.

「おじいちゃんおばあちゃん。私がこの世に誕生してからずっと、私のことを愛してくれましたね。

でも私は、この世に生まれてからずっと、あなたたちを愛しています」

04.

「おじいちゃんおばあちゃんは、子どもが本当に必要としているものをたっぷり与えてくれます。それは、無条件の愛、優しさ、忍耐強さ、ユーモア、安心感、様々なライフレッスン。

そして何よりも大事なもの、クッキーよ」

05.

「祖父母は、この世で最高の大人である」

06.

「おじいちゃんおばあちゃんって、まるで星みたい。いつも見えてるわけじゃないけど、いつだって見守ってくれてるから」

07.

「おじいちゃんおばあちゃんは、この世の中を少しだけやわらかく、優しく、そして温かくする力を持っている」

08.

「孫と祖父母が仲良しなのは、共通の“敵”がいるからさ」

09.

「何もかもうまくいっていないときは、とりあえずおばあちゃんに電話しよう」

10.

「孫は別に、たくさんのおもちゃが欲しいわけじゃない。それよりも、一緒にはっちゃけてくれるおじいちゃんおばあちゃんの方が最高さ」

11.

「月まで行って帰ってくることができるくらい、祖父母の愛は永遠で偉大だ」

12.

「孫は祖父母を未来へと繋ぎ、祖父母は孫を過去へと繋ぐ」

13.

「おじいちゃん、おばあちゃん。私たちが手を繫いでいられるのはほんのわずかな時間かもしれないけど、私たちの心はずっと一緒だよ」

14.

「祖父母が財布から孫の写真をとり出すスピードは、カウボーイが銃を取り出すスピードにも勝るのだ」

15.

「家族とは選べないもの。おじいちゃんおばあちゃんは神様からあなたへのプレゼントだし、逆もしかりなのです」

16.

「未知の世界に少しばかりの光を照らしてくれる祖父母は、誰にとっても必要な存在です」

17.

「心が沈んでいるときは、おじいちゃんの膝の上に座ること」

18.

「祖父母が孫にしてくれることは、誰にも真似できないこと。彼らは孫の人生に星屑をまいてくれるのです」

19.

「見た目は年老いても、心はまだまだ若いのが祖父母というもの」

20.

「おじいちゃんおばあちゃんは、思いもしないイタズラを教えてくれる」

21.

「祖父母が現れると、自制心はどこかに行ってしまうんだ」

22.

「この世で何より大切なもの、それは家族です」

23.

「甘やかされてきたわけじゃない。祖父母がよく面倒をみてくれただけだよ」

24.

「孫でいること、そして祖父母になること。このふたつは人生で最も心が満たされる経験なのではないでしょうか」

25.

「まだ祖父母が生きているのなら、会いに行ってあげること。愛してあげること。そして命がある限り、彼らの存在を祝福することです」

26.

「どんなにも小さな子どもでも思うがままに動かせる“おもちゃ”、それは祖父母です」

27.

「誰しもが住む家を必要とします。でも心の拠り所となるのは、互いに支え合う家族の愛なのです」

Licensed material used with permission by Elite Daily
描いているのは、ブラジルに住む韓国人のおじいちゃん。孫たち(12歳のArthur、11歳のAllan、2歳のAstro)は、韓国とニューヨークに住んでいて...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
世代のちがう子どもや孫が喜んでくれるプレゼントをあげるのは、意外に難しいもの。とくに年頃になると、一体何が欲しいのやら…。でも、16歳のローレンさんが誕生...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
陽気に踊り出すおばあちゃんと、それを一緒に楽しんでいる孫のロス・スミスさん。仲が良すぎて、一見いじめているようにしか見える動画もありますが、おばあちゃんは...
自分にとって最高の家族の生前を子孫へと受け継ぐために、亡くなった人の人生を絵本にすることを思いついたJuliette Eame。彼女の場合は、小さい頃によ...
いつも優しくあなたを守ってくれる存在、おばあちゃん。ここで紹介するのは、Pucker MobでAlexa Thompson氏が書いた「おばあちゃんに感謝す...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第10回は、ハイチの海の幸を使っ...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
100歳を超えたおじいちゃんおばあちゃんが語る「人生のアドバイス」。その数、70人以上。フォトグラファーのポール・モブリー(Paul Mobley)さんは...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
「おじいちゃんおばあちゃん×最新のIT」という組み合わせは、ときに想像の斜め上をいく話題を振りまいてくれます。イギリスのリヴァプールに住む86歳のおばあち...
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
アメリカ・フロリダ州を拠点にするカトリック教徒のグループFundación Ramón Panéが、ポケモンGOに似たアプリを開発しました。その名も『Fo...
いつも新しい視点に気づかせてくれる偉人達の金言。今だに古びませんよね。「I Heart Intelligence」は、その中から特にハッとするような言葉を...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第3回はフィジーより、海と暮ら...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
大好きなものを、大好きな人と一緒に食べることが、じつは一番の健康法なのかもしれません。米・ワシントン州に、それを体現しているかのような可愛らしい夫婦がいま...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
 9月15日は敬老の日。でも昔といまでは、かなり「老」という言葉のイメージが変わってきている。昔の「老」は、こうだった。年を重ねて落ち着き、若いころの夢は...