毎月同じ場所で、写真を撮り続けた老夫婦。妻が他界するまで…

フォトグラファーのKen Griffithsさんは12ヶ月間にわたり、毎月まったく同じ場所で、一組の老夫婦を撮り続けました。

その幸せな日常と、最後の1枚で知る安らかな終わりに、少しセンチな気持ちになる作品です。

「死」がふたりを
分かつまで

イギリスのイースト・サセックスで暮らしていたSweetman夫妻。ふたりは毎月、自宅前の庭に並んで写真に収まりました。

Courtesy of Michael Hoppen Gallery

1ヶ月目。互いに寄り添い微笑むSweetman夫妻。

Courtesy of Michael Hoppen Gallery

Courtesy of Michael Hoppen Gallery

Courtesy of Michael Hoppen Gallery

4ヶ月目、春の庭。のびのびと広がる緑に囲まれた幸せそうなふたり。

Courtesy of Michael Hoppen Gallery

Courtesy of Michael Hoppen Gallery

Courtesy of Michael Hoppen Gallery

Courtesy of Michael Hoppen Gallery

8ヶ月目、雨の日。奥さんが濡れないように傘を傾けるご主人。

Courtesy of Michael Hoppen Gallery

Courtesy of Michael Hoppen Gallery

Courtesy of Michael Hoppen Gallery

そして、12ヶ月…

Courtesy of Michael Hoppen Gallery

同じ場所にひとり佇むご主人。

隣に寄り添う奥さんの姿は、もうありません。その穏やかな視線の向こうに、彼は何を見ているのでしょうか。

よく晴れた日も雨の降る日も。同じ場所でそっと寄り添いカメラに目を向ける老夫婦。その優しいまなざしは、きっとお互いに向けられていたものだったのではないでしょうか。

Top Photo by Courtesy of Michael Hoppen Gallery
Licensed material used with permission by Ken Griffiths
他の記事を見る
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
アーティストであるAnnabel Oosteweeghelの「Everlasting」というシリーズは、ある老夫婦の平穏な生活が写し出されている。誰も会っ...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
「FlexiSpotデスクバイクV9」は、堅牢なデスクやモニターアーム、テレビスタンドなどを造り続けてきた企業「Loctek」が生み出したもの。重力センサ...
近年、“映え”目的のインスタグラマーやオールインクルーシブのパッケージツアーで参加する人が増えているそうです。
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
アメリカで暮らす93歳のClarence Purvisさんは、4年前の2013年に愛する妻Carolynさんを亡くしています。でも、最愛の人を失ったあとも...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
花粉症の季節のヨーグルト図鑑。60秒で読めるヨーグル・レコメンド付き!
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーのHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせ...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
スマホのおかげで、それまであまりカメラに興味がなかった人でも、気軽に手元に写真を残せるようになりました。「みんな、もっと写真を撮ればいいのに」と思...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...