ふたりが、60年ぶり「二度目の結婚式」を挙げたワケ。

「この人とならずっと一緒にいたい」。

きっと誰しもがそう思い、婚姻届を提出するはず。そして2人は、一生思い出に残る結婚式を挙げることになる。

と、ここまではよくある話。でも、結婚して60年後に2度目の式を挙げた夫婦が海外にいました。理由は、二人の思い出をしっかりとカタチに残すため──。

主役は半世紀以上
連れそった夫婦

「あの日をもう一度…」
永遠に記録にのこる結婚式

60年前にも一度式を挙げたこの夫婦。しかし、今それを証明する写真は一枚も残っていません。

9人の子どもと16人の孫、そして4人のひ孫に恵まれた2人。長い年月を経ても、記憶にも記録としても残るよう、もう一度結婚式を挙げることに決めたのです。

同席したフォトグラファーのDavid Balatonfurediさんは、式の様子をこのように振り返ります。

「これまでもたくさん撮影をしてきたけど、彼らほど素晴らしい絆があり、周囲に希望を与えるようなカップルは初めてだったよ。あの場にいられて、とてもラッキーだった」

2人は思い出を動画にも残しています。言葉にはできない夫婦の絆の強さが伝わってきますよ。

Licensed material used with permission by São Paulo Fotografia

関連する記事

オーストリアで「Siri」と「Alexa」の結婚式が挙げられました。多くの人に見守られながら、誓いの言葉を述べ、2人は“婦婦”と認められることに。AI同士...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
“自分たちらしさ”を追求して張り切りすぎたあまり、結婚式前にゲストが出席しないかも、という問題を抱えてしまった新郎新婦。2人は共に数学者でした。数学が絡む...
「株式会社ユーグラッド」運営の「Favio wedding movie」が手掛ける、“挙げる”ではなく“動画を配信する”タイプの新たな結婚式のカタチ「WE...
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
ウェディング写真を中心に撮影する、フォトグラファーのAmber Robinsonさんが新しい被写体に選んだのは、自分の両親。たくさんの苦難をともに乗り越え...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
「アシックス」は、これまで廃棄されていた衣類を活用した100%リサイクル素材のエコバッグ「GREEN BAG」を発売。
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第八回のテーマは「結婚式の意味」です。
今年8月にアメリカを襲った超大型ハリケーン「ハービー」。その水害で結婚式のプランを全て台無しにされたカップルがいた。しかし彼らは洪水後のテキサスに代わりの...
日本では紙一枚で婚姻関係が結べないゲイのカップルが、家族や友人だけでなく、メディアを読んで「人前式」を行いました。ゲイ同士の結婚が、世の中にどんな意味や影...
ごく普通のカップルの結婚式が、メディアで話題となり、「式の動画が涙を誘う」と注目を浴びているのは、いったいなぜ?それは、このカップルが4年半の長きに渡り貫...
大切な人との大切な時間、場所、思い出を写真に残しておきたい。それはみな同じ想い。とりわけ結婚前のふたりならば尚のことでしょう。ここに紹介するのは、ノースカ...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
今日は結婚式。会場はカリブ海のまんなか。主役である花嫁はまるで人魚のよう…。まわりのゲストたちも水をかけて祝福しています。そんな夢のような結婚式を挙げたの...
結婚式を大好きな遊園地のジェットコースターで挙げたカップルは。140人もの人を招待して、乗車から戻ってくるところまで盛り上がりました。自分が好きな場所で式...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
見ているほうまでしあわせな気持ちになっちゃう、結婚写真。結婚式は多くの人にとって「人生最良の日」と言っても過言ではないでしょう。そんな人生最高の日の写真の...
大好きな祖母が、末期の癌を患い、自分の結婚式に出席できるかわからない状況に陥ったBrittanyさん。彼女はフォトグラファーに頼んで、特別に祖母にウェディ...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
乳がんを患い、人生だけじゃなく夢にまでみた愛する人との「結婚」まで危うくなったHeatherさん。しかし彼女は最後まで諦めませんでした。周囲の助けもあり、...
「星野リゾート」と「CRAYZY WEDDING」が共同で提案するプラン「IWAI旅」は、結婚式をおこなわない”ナシ婚派”のあなたにオススメしたい、新しい...
Fearless Awardsに応募したのは世界中のトップクラスの腕を誇るプロカメラマン。ここにあるのは、厳しい審査を通った写真ばかり。これを見ると、カメ...
結婚することが決まったら、お金についての情報や知識を集めておきたい。結婚式の予算の目安は?ご祝儀ってどのくらいもらえるの?お金が足りない場合は?など。ここ...
パートナーの浮気を結婚式前夜に知ったCaseyさん。「Whimn」というサイトに自身の経験をコラムとしてまとめています。