脚色なしの「飾らない日常」を大切にしたカップルの記念写真

大切な人との大切な時間、場所、思い出を写真に残しておきたい。それはみな同じ想い。とりわけ結婚前のふたりならば尚のことでしょう。ここに紹介するのは、ノースカロライナ州のあるカップルのエンゲージメントフォトです。

飾らない日常こそ
大切なふたりの「記憶」

9f6ab66abd78d6ad4fbebe8b59126b7f949a22dc

結婚を間近にひかえたメリンダとジョシュがエンゲージメントフォトに選んだロケーションは、住み慣れた自分たちの家。そこは、ふたりにとって個性がもっとも反映される場所でした。

撮影を担当したウェディングフォトグラファーのDevinと、何度かスカイプで打ち合わせを重ね、撮影当日もとくだん部屋を片付けたり、花を飾ったりせず、いつも通り普段着のまま飾らない自分たちでいることに決めたそうです。

ありのまま、普段と何も変わらない日常がそこにあるだけ。

こうして、お気に入りのBGMが流れるなか、ワイングラスを傾け、裸足の撮影がスタートしたました。

B1ee4a2e47056c8d924be11387a3b356441dc7d28d227af0adaf86db2bd3131fd7b6fe41d589202e40bab6f3af576c9c84a5da4e5d308423ac2310f5A37b75778021eb8dfd0ecb77d71416135c74e4abF99698791423a997ed39f9e4d45cbfb89c8ef36132fd56f194f6201bb3bb40c0c99c606c47d8d87e668b70e80afeac6ce8b9932c58c2b9e67391d6bd49d0807c89f946377b9c6435bcbdb5dff7dfd273850f30affd7d62203fb7a5976f10331c11a02f3234e47c61fce10469f2698f8bbd956d42b193b44c

いま、この瞬間でしか残せない
ふたりだけの時間

プロポーズを受けてから式を挙げるまでのあいだに撮影する記念写真。欧米では結婚前のごく当たり前のセレモニーとして、どのカップルも撮影をするのだとか。でも、そこはやっぱり大切な思い出。どうしたって多少なりとも“脚色”はあるんじゃないでしょうか。

ところが、このカップルだけは違った。

みんな他人と違ったことをしようと、あれこれアイデアを考えているうちに、いつのまにか自分たちの想い出に色づけしてしまうんだと思います。

浜辺で腰まで海に浸かりながら抱き合ってみたり、ライトアップされた誰もいないガーデンでカクテルドレスとタキシード姿、なんてムーディーなツーショットがならぶDevinの作品のなかで、飾らないふたりがとても新鮮に写ります。

さりげない日常に「誠実で素直な愛のありかたを見せられた」、とフォトグラファーはのちにブログでこう感想を綴りました。

Af07a4035a97d615e4bd7588ee7c53faf00a1ff8

ところで、メリンダとジョシュはどうして自分たちの家にこわだったのでしょう。

この先、新しい家に引っ越したとしても、「ふたりが最初に過ごした場所」を大切な記憶にしたかったんですよね。

そして今月、ふたりは結婚式を迎えるそうです。

Licensed material used with permission by Devin Robinson
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
日本では紙一枚で婚姻関係が結べないゲイのカップルが、家族や友人だけでなく、メディアを読んで「人前式」を行いました。ゲイ同士の結婚が、世の中にどんな意味や影...
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
カップルの数だけ感動的なプロポーズがあります。どれが正解って訳でもありません。たとえば、こんな方法で愛を成就させた男性がいます。あえて、結論から先に言うの...
ドイツ出身のボディ・ビルダーPatrick Huberさんの恋人は、1996年のアトランタオリンピックに飛び込み競技のスウェーデン代表のとして出場したJi...
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
韓国人イラストレーターHyocheon Jeong(@poetic.persona)さんの描く世界観に、甘酸っぱい想いを抱かずにはいられません。お互いを大...
今年8月にアメリカを襲った超大型ハリケーン「ハービー」。その水害で結婚式のプランを全て台無しにされたカップルがいた。しかし彼らは洪水後のテキサスに代わりの...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
大好きな人と、どこへ行くのも何をするのも一緒がいい。付き合っていたら、そう思うのは当たり前です。できるだけ同じ時間を過ごしてお互いを知って愛を育んでいきた...
あるカップルから、フォトウェディングを依頼された写真家のAshley Hempel。日照りの激しい夏の日のこと、2人を撮影しようとしたら、見知らぬ女性が突...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
アメリカペンシルヴァニア出身の男性とフィリピンマニラ出身の女性の国際遠距離恋愛カップル。どうせなら海外で会おう!と世界各国で再会してはキスショットを撮る試...
ウェディング写真を中心に撮影する、フォトグラファーのAmber Robinsonさんが新しい被写体に選んだのは、自分の両親。たくさんの苦難をともに乗り越え...
2017年9月、アメリカ南部を中心に猛威をふるったハリケーン「イルマ」の被害に遭い、大切な結婚式を中止にせざるを得なかったカップルがいます。けれど二人はそ...