元オリンピック選手、ヴェネツィアでロマンチックなプロポーズ。

ドイツ出身のボディ・ビルダーPatrick Huberさんの恋人は、1996年のアトランタ五輪に飛込競技のスウェーデン代表として出場したJimmy Sjödinさん。出会って1年が経ち、Patrickさんは「運命の人はJimmyさんしかいない」という確信を持ちました。

そして、愛しの人へプロポーズ。舞台に選んだのは、水の都ヴェネツィア。

ゴンドラの上で
サプライズプロポーズ!

Photo by Serena in Venice for @Flytographer

Patrickさん(写真右)は2017年7月のある日、Jimmyさんを旅行に誘いました。目的地は秘密のまま。前日まで「君がずっと行きたがってた場所さ」とだけ伝えていたようです。

ふたりが暮らすミュンヘンから車を走らせヴェネツィアへ。網目のような運河が美しいこの街で、ふたりはゴンドラに乗りました。

Photo by Serena in Venice for @Flytographer

情緒溢れる街並みを揺られながら楽しんでいると、PatrickさんがそっとJimmyさんの前でひざまずいたそうです。

あまりに突然のことに、Jimmyさんも何が始まるのかといった様子。そこで、恋人はこう切り出しました。

僕は、君を一生のボーイフレンドだと思っている。いつもそばにいて、君を守りたい。家族になろう。結婚してほしい。 

突然のプロポーズに、思わず息を飲むとはまさにこのこと。気ままに始まったこの旅行が、まさかプロポーズのために準備されていたとはJimmyさんも思いもしなかったはず。

側でずっと写真を撮っていた女性が、Patrickさんが手配したプロのフォトグラファーであることに気づいたのはこの後だそうですよ。 

Photo by Serena in Venice for @Flytographer

プロポーズの瞬間のふたりの幸福そうな表情は、“水都”に引き立てられ、とてもロマンチックに写りました。

ふたりの出会いは
SNSのやりとりから

Photo by Serena in Venice for @Flytographer

ところで、PatrickさんとJimmyさんが出会ったのは4年前のこと。Facebookでのメッセージのやりとりがきっかけだったそうです。3年間、ふたりはネットを介してやりとりしていましたが、2016年、ついに顔を合わせパートナーになりました。

Patrickさんは当時のことをこう振り返ります。

僕は、Jimmyに直接会う前から彼が運命の相手になるだろうという予感があった。実際に会って笑い合い、彼がそこにいるというエネルギーを感じて、その予感は確信に変わったんだ。

プロポーズのために用意したペアリングがこちら。裏側にはお互いのニックネームがスタンプのように浮き出ていて、つけると指にそのあとが残るようになっているんだとか。長くつければつけるほど、お互いの名前が深く身につくというロマンチックな指輪です。

Photo by Serena in Venice for @Flytographer
Photo by Serena in Venice for @Flytographer
Photo by Serena in Venice for @Flytographer
Photo by Serena in Venice for @Flytographer

PatrickさんとJimmyさんは来年の5月28日、ふたりが正式に付き合い始めた記念日に、ドイツで結婚式を挙げる予定。週末に、静かでリラックスした雰囲気の式を挙げたいんですって。これからも末永くお幸せに!

Top Photo by Serena in Venice for @Flytographer
Licensed material used with permission by Serena in Venice for Flytographer
他の記事を見る
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上ト...
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
とにかくサプライズを好むと言う人もいれば、「早く結末が知りたい!」と先が気になってしょうがないタイプの人も。もしあなたが後者なら、この記事は嬉しいもの。付...
サプライズで指輪を渡してプロポーズ!そんなときに活躍するのがこのスマホリングケース。リングケースとスマホケースを一体にすることで、指輪と彼女、両方を一度に...
カップルの数だけ感動的なプロポーズがあります。どれが正解って訳でもありません。たとえば、こんな方法で愛を成就させた男性がいます。あえて、結論から先に言うの...
2019年になって早々、話題になったある男の話。彼女にプロポーズしたにも関わらず、指輪を返して欲しい、婚約を破棄したいなどとネットでぼやいたことで炎上した...
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
「Your Tango」のShelby Hendersonは、『風と共に去ぬ』から『きみに読む物語』まで、ありとあらゆる名作品から21のプロポーズ台詞をチ...
決して、ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーが極上のミステリーを繰り広げるわけではない。それでも、Oliver Astrologo氏が撮影した映像は...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
水の都・ヴェネツィア観光といえば、美しい運河を渡る「ゴンドラ」が欠かせません。歴史ある美しい風景を眺めながら大水路を移動する体験は、他の街ではなかなか味わ...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
オーストラリア在住のAlexさんは、パートナーの故郷でもある南アフリカの景色をVRで再現しました。そして、たくさんの彼女の思い出の詰まった場所でプロポーズ...
「この人が運命の人だ」。 そう思ったら急に、彼もそう思ってくれているかな?いつプロポーズしてくれるかな?サプライズもいいけど好みの指輪かな?などなど、いろ...
プロポーズの瞬間ーー。パートナーの驚き、喜ぶ顔を一生の記念にしたい。そんなロマンチックな願いを叶えてくれるアイテムが、カメラ付きリングケース「YES CA...
世の中には、たくさんの仕事があります。今回は、NYの街で「プロポーズプランナー」として活躍するアッシュ・フォックスさんを紹介します。なんと彼女、これまで1...
もしも見ず知らずの外国人から、いきなりプロポーズされたら…。もちろん、これはドッキリ。仕掛け人のCordero Romeoさんは、日本語がしゃべれません。...
一流アスリートは、なぜ緊張して失敗してしまいそうな一回限りの本番で、考えられないような高いパフォーマンスを発揮することができるのでしょうか。それは肉体だけ...
動画に登場するのは、空港で彼氏を待つエリカさんの姿。ここで紹介するカップルは、SNSを通じて事前にお互いを知っていましたが、会うのはこれが初めて。恋人のア...